成果報告書詳細
管理番号20150000000116
タイトル平成26年度成果報告書 NEDO研究開発プロジェクトに係る追跡調査・評価(新規調査手法の開発)
公開日2015/5/27
報告書年度2014 - 2014
委託先名日鉄住金総研株式会社
プロジェクト番号Q05007
部署名評価部
和文要約本調査では、平成20年度、22年度、24年度、25年度に終了したNEDOプロジェクトに係る追跡調査・評価として、アンケート調査、個別ヒアリング調査、新たに製品化・上市段階、中止・中断であることが判明した事例の概要図作成、及び平成20年度終了プロジェクトに係る追跡調査結果の総括を行った。
NEDOプロジェクトに参加した機関(企業、大学、研究機関、公益法人、技術研究組合など)に対し、終了直後調査、簡易調査、詳細調査のアンケートのべ1951件の調査票を送付し1905件の調査票を回収した。回収率は97.6%であった。
個別ヒアリング調査では、(1)早期実用化を実現する産官学連携成功要因の分析、(2)中止・中断からの再開事例の分析を行った。
(1)早期実用化を実現する産官学連携成功要因の分析では、新たに産学官連携成功要因の見える化ツール「産官学連携チャート」を導入し、産学連携の型として「学術による企業支援型」、「産業化レベルでの相互連携型」「チームリーダー主導型」という3つのパターンへの類型化を行った。また、産官学連携成功要因としては、
・プロジェクト開始前の段階で、実用化に用化に必要なシーズ技術の探索、もしくは実用化に向けた研究開発が行われていること。
・プロジェクト開始時に、実用化に向けた観点から、産学官の役割分担が明確化されていること。
・シーズ技術を産業化する際に、企業の所有する技術が役立つこと。
・企業側が出口のビジネスモデル熟慮していること
が抽出された。今後は、サンプル数を増やし、産学連携の類型化及び成功要因の精度向上を行うことで、研究開発マネジメントの改善に有益な示唆が得られると考える。
(2)中止・中断からの再開事例の分析では、過去の追跡調査において非実施、中止・中断と回答した企業のうち、研究開発を再開した企業3社を対象としたヒアリング調査を実施した。ヒアリング調査の結果、NEDOプロジェクト当初の目的は達成していたこと、また再開要因についてNEDOプロジェクト期間中での対処は困難で有り、プロジェクト終了後の企業活動の中で、外部環境の変化(シーズ技術の出現など)の他に、再開できる社内環境(自社のコア技術であったこと、人材・資源が確保できていたこと)が整っていたことが明らかとなった。本調査により、中止・中断から再開した事例から、派生・波及効果が生じていることが明らかとなった。今後継続的な調査を行うことで、NEDOプロジェクト成果の最大化を図る観点でマネジメント上の有用な情報が得られると考える。
新たに製品化・上市段階、中止・中断であることが判明した事例の概要図作成として、上市事例集:36事例、中止事例集:39事例を作成した。上市事例集については、情報公開に対して企業の了解が得られた34事例を本成果報告書に掲載した。
平成20年度終了プロジェクト(11プロジェクト)に係る追跡調査結果の総括としては、「プロジェクト別短期的アウトカム概要集」を作成し、技術的成果、社会・経済等の効果、今後期待される効果、プロジェクトでは当初想定していなかった副次的成果等について整理を行った。平成20年度終了プロジェクトにおける実用化率(製品化段階及び上市段階に達した機関の割合)は、約34%という結果となった。
英文要約As the follow-up survey and evaluation which relates to the NEDO project ended at fiscal 2008, 2010, 2012, 2013, the outline figures related to the cases of commercialization stage and terminated stage were prepared based on questionnaires and interview investigations. The follow-up survey results on the ended projects in the fiscal 2008 were summarized.
The questionnaires of 1951 cases were sent to the organizations (companies, universities, research institutes etc.) which participated in the NEDO project. Collecting the questionnaires of 1905 cases, the response rate was 97.6%.
The following two items were achieved by individual interview investigations.
(1) Analysis of the success factors which realized early utilization about industry-academia collaboration. (2) Analysis of the resumption cases from terminated stage.
(1) In the analysis of the success factors which realized early utilization about industry-academia collaboration, the visualized tool “industry-academia collaboration chart" was newly introduced. The three collaboration types, "Support for company by sciences", "Mutual collaboration in an industrialization level", "Team leader initiative", were suggested. Moreover, the success factors extracted in this survey were shown below.
・The search of seeds technology required for utilization should be achieved before a project start.
Or the R&D turned to utilization should be carried out before a project start.
・The role assignment between industry and academia should be clarified from a viewpoint turned to utilization at the beginning of a project.
・The company should use effectively their accumulated technologies in the industrialized stage.
・The company should consider carefully their business model.
The improvement in accuracy of typifying and success factors by increasing sample number will give useful suggestions to make progress of R&D management.
(2)In the analysis of the resumption cases from terminated stage, it was realized by interview investigations for three companies that “the original purpose of NEDO projects was achieved” but that “it had been difficult to solve the resumption factors during the NEDO project period. Through the company activity after the end of project, it was clarified that, in addition to the external environment of the company (appearance of seeds technology etc.), the internal environment for resumption (core technical accumulation of its company, reservation of talented people and resources) was going to be ready. In this survey, it became clear that the derivative effect and the ripple effect have arisen from the resumed cases. Continuous survey in future will give useful information on improvement of R&D management in a viewpoint of maximizing the project outcome.
The outline figures of the cases of commercialization stage (36 cases) and terminated stage (39 cases) were prepared. 34 cases of commercialization stage were described in this report by permission of project participants. The results of follow-up survey on the 11 projects ended in the fiscal 2008 were summarized by preparing "the collection of the short-term outcome outlines, in which the technical achievements, social and economic effects, the effects expected in future, and not assumed subordinate impacts at the beginning of projects were arranged. The commercialization rate for the projects ended in the fiscal 2008 brought a result of about 34%.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る