成果報告書詳細
管理番号20150000000117
タイトル平成26年度成果報告書 NEDOプロジェクトから実用化した製品やプロセスに関する可視化・俯瞰に関する検討
公開日2015/5/27
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号Q05007
部署名評価部
和文要約平成16年度より、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDOという。)は、プロジェクト終了後5年間における研究開発成果の活用状況や売上、波及効果等について追跡調査を実施し、その結果をプロジェクトマネジメントの改善や技術戦略策定、国民への説明責任遂行等に活用している。しかし、追跡調査で把握できる上市・事業化等の成果はプロジェクト終了後5年間に限定され、また、対象技術も限定される。そこで、追跡調査期間を超えてNEDO研究開発成果の費用対効果を把握するため、NEDOインサイド製品100製品(平成25年度時点)について、経済効果や機能発現、波及効果等を調査してきた。
本調査では、新たに10製品のNEDOインサイド製品を選定し、経済効果や社会的便益を推定した。これらの合計110製品について、2013年時点の売上と、今後10年間の売上累計を推計した。なお、医療機器と空調機器の2分野の製品については、産業連関表を用いて関連産業への経済効果の広がりを試算した。
また、過去のNEDOインサイド関連調査等よりNEDOプロジェクト成果が一旦は製品化まで至ったものの事業化できていない案件を抽出し、その要因を分析した。結果として、市況の変化で採算が取れない、法規制等の問題で想定していた市場が獲得できない、競合技術に勝てない等の周辺環境による要因と事業の選択と集中に伴って優先順位が下がった等の企業内部の要因が見られた。
さらに、具体的テーマとして「省エネルギー型熱源機器及び熱供給システム」を取り上げ、売り上げ等の経済効果では表しきれない社会的便益についてケーススタディを行った。NEDOは研究開発プロジェクト及び導入支援事業を通じて、個別熱源システムと地域熱供給システムの双方について要素技術の開発やシステム導入を支援してきた。個別熱源システムは機能的利便性や設計・施工・運用の容易さ等の便益が、地域熱供給システムは地域内熱需要の足し合わせによる効果や未利用エネルギー利用による省エネルギー・省CO2効果、都市防災性能の向上等の便益があり、対象地域の熱需要等の適性に応じて、適したシステムが導入されている。特に地域熱供給システムは現段階では充分に浸透したとは言い難いが、今後、特に都市の防災性能の向上や新たな熱需要への対応の観点から社会的便益の広がりが期待される。
英文要約New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) has conducted follow-up studies of its projects since 2004. The studies cover utilization situation, sales of products, and ripple effects of the technologies developed in NEDO projects. Furthermore the results have been used for improvement of project management, development of technology strategy, and enhancement of accountability to the public. While these follow-up studies are conducted only once after the close of each project (five years later) in limited fields, the outcomes beyond the scope have been covered by the “NEDO-inside” studies. In the past studies, one hundred “NEDO-inside” products were identified (as of 2013 FY) and their economic effects (sales), technological expansions, and ripple effects were examined.
In this study, ten more “NEDO-inside” products were identified, adding up to 110. Their economic effects were examined in two ways: one is estimation of their sales (from their release to 2012, at 2013, and for 10 years from 2014 to 2023), and the other is estimation of ripple effect for two product categories (medical equipment and air-conditioning equipment) using Input Output Table for Japan.
Hurdles in commercialization for the technologies developed in NEDO projects were also examined by reviewing the past “NEDO-inside” studies. They were attributed to external (e.g. market conditions, regulatory barriers, and competitors) and internal (e.g. revision of corporate strategies) factors of the companies aiming for commercialization.
To demonstrate the social benefits further, a case-study was conducted in the field of energy-efficient heating & cooling systems. Through R&D projects and installation supports, NEDO was found to have contributed to technology development of both individual-based and district-based heating and cooling system, bringing the social benefits of energy saving and CO2 reduction. Either system has been applied according to the thermal demand property of installed areas. Technology development of the individual-based system has brought social benefits such as improved convenience in usage and maintenance, and that of the district-based system has ones such as load-leveling effect (by aggregating thermal demands), utilizing unused energies, and improved disaster preparedness. Although application of the district-based system currently has been limited to specific areas, it is expected to prevail with the increased interest in disaster prevention and the heat demands from new industries.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る