成果報告書詳細
管理番号20150000000232
タイトル*平成26年度中間年報 風力発電等導入支援事業 環境アセスメント調査早期実施実証事業 環境アセスメント迅速化研究開発事業(鳥類観測技術開発)
公開日2015/6/23
報告書年度2014 - 2014
委託先名一般財団法人日本気象協会 国立大学法人北海道大学
プロジェクト番号P14023
部署名新エネルギー部
和文要約1. 研究開発の内容及び成果等
(1) レーダの選択と配置の検討(日本気象協会、北海道大学)
鳥類の識別能力と費用対コストにおいて最適なレーダ及びその組み合わせを検討し、固体化S バンドドップラレーダ1台(水平回し)、固体化X バンドドップラレーダ3台(縦回し)の組み合わせによる仕様を決定し、鳥類の空間飛翔分布を把握できる鳥レーダシステムの構築を開始した。

(2) レーダからのデジタルデータ出力による鳥類の識別(北海道大学)
固体化S バンドドップラレーダ及び固体化X バンドドップラレーダから出力されるドップラデータを含むデジタルデータを組み合わせることによって、鳥類の空間飛翔(鳥類の3 次元軌跡)を抽出するアルゴリズムの予備検討を実施した。

(3) 鳥類の3次元飛翔軌跡の検証(日本気象協会、北海道大学)
鳥レーダシステムの設置候補場所を選定した。レーダによる現地観測は、ガン・カモ・ハクチョウ等の渡り鳥を対象として実施することとした。レーダ観測とあわせて実施予定のXバンド対象エリア(狭域)を対象とする目視調査、Sバンド対象エリア(広域)を対象とするGPS調査(鳥類にGPSを装着して鳥類の空間位置をリモートで把握する)の方法を検討した。

(4) 委員会等の運営助成(日本気象協会)
環境アセスメント調査早期実施実証事業ステアリング委員会/環境アセスメント迅速化研究開発事業(鳥類観測技術開発)ワーキンググループを1 回開催し、運営助成として、委員依頼、日程調整、開催案内、議事進行、議事録作成等を実施した。
英文要約1. Examination of radar specifications and configuration of radars (Japan Weather Association, Hokkaido University)
Considering detection efficiency of birds and cost performance of the radar system, we examined and determined the best specifications and configuration of a solid-state S-band Doppler radar (horizontal scanning) and three solid-state X-band Doppler radars (vertical scanning) that will be used for this project.

2. Identification of birds by using the radar system (Hokkaido University)
By combining Doppler velocity and radar echo intensity of birds detected by S-band and X-band Doppler radars, we have started to develop the preliminary algorithm for tracking of birds (three-dimensional trajectory of birds).

3. Validation of three-dimensional trajectory of birds (Japan Weather Association, Hokkaido University)
We selected a candidate site for deploying the bird-detection radar system. The radar system will be used to mainly detect migratory birds such as wild goose, duck and swan. We have examined visual inspection method that will be used within the X-band radar coverage area (narrower area). We also examined GPS inspection method (GPS sensor will be attached to birds) used within the S-band radar coverage area (wider area).

4. Steering committee, etc. (Japan Weather Association)
We decided the steering committee members of Environmental assessment study early implementation demonstration project/environmental assessment accelerate research and development business (bird observation technology development). We held 1st working group meeting and made the meeting summary.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る