成果報告書詳細
管理番号20150000000233
タイトル*平成26年度中間年報 風力発電等導入支援事業 環境アセスメント調査早期実施実証事業 環境アセスメント前倒データベース化事業
公開日2015/6/23
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社建設環境研究所
プロジェクト番号P14023
部署名新エネルギー部
和文要約1. 研究開発の内容及び成果等
(1) ステアリング委員会の運営及び実証事業の管理
風力・地熱発電に係る環境アセスメント手続の期間を半減するため、前倒環境調査の方法論を確立することを目的に、委員会を設置し、前倒環境調査の実証事業(複数事例)の前倒し手法の分析と進捗管理を行った。
平成26年度は、委員会を3回開催した。

第1回委員会(平成26年9月9日)
第2回委員会(平成26年12月17日)
第3回委員会(平成27年3月11日)

(2) 前倒環境調査の方法論に関する知見のとりまとめ
1) 実証事業による検討
本項目は、風力・地熱発電に係る環境アセスメント手続の期間を半減するため、前倒環境調査の方法論を確立することを目的に、各実証事業から知見を収集・整理するものである。
平成26年度は、各実証事業に対し、事業者への直接インタビュー、方法書等の住民説明会の傍聴等による情報収集を行い、事業特性(事業計画、事業工程等)、地域特性、前倒し手法及び進行状況(項目及び手法の選定、調査時期、調査方法等の設定等)、地域コミュニケーション手法及び進行状況(経済産業大臣・都道府県知事・住民からの意見、説明会の開催状況等)をとりまとめた。前倒環境調査の方法論を確立する上での課題として、猛禽類の調査及び解析の考え方、地域コミュニケーション上の特性(ステークホルダーの特徴、既往風車での問題事例等)に応じた対応、近傍の別事業との累積的影響の考え方の重要性等を把握した。
平成27年度以降は、継続して各実証事業の進行を追跡し、前倒し手法を確立するための知見を蓄積するとともに、進捗管理を行う予定である。

2) 既存事例、海外事例等による検討
本項目は、風力・地熱発電に係る環境アセスメント手続の期間を半減するため、前倒環境調査の方法論を確立することを目的に、既存事例、海外事例等を収集・整理するものである。
平成26年度は、平成27年度以降に技術手法を検討するための準備として、風力発電所及び地熱発電所の事業特性や立地特性等を整理した。また、前倒環境調査において地域コミュニケーションが果たす役割と留意点を検討するための準備として、前倒環境調査の実施に際しコミュニケーションに期待されている事項の整理、コミュニケーション関連資料の収集、コミュニケーション手法の整理、現況調査対象選定基準設定のための基礎調査を行った。

(3) データベース化
1) 事例集・実証事業データベースの作成
前項までの検討成果に基づいて取りまとめられる前倒環境調査の方法論の確立に資する資料を踏まえ、事例集・実証事業等のデータベースを作成するものである。
平成26年度は、平成27年度以降に各実証事業の追跡調査結果等から得られる知見を蓄積するデータベース・システムの設計を進めるための準備として、本データベース・システムの構成及び画面のイメージを検討した。

2) 環境アセスメント環境情報基礎データベース・システムへの提供
「前倒環境調査の実証事業」の地域の環境情報を、環境省の「環境アセスメント環境情報基礎データベース・システム」(以下、「環境省データベース」という。)に登録するために、データ整理を行うものである。
平成26年度は、平成27年度以降に環境省データベースへの登録を進めるための準備として、課題及び具体的手順を整理するとともに、各実証事業から地域の環境情報を収集した。
英文要約1. Operation of Steering Committee and Management of Demonstration Projects
With the aim of establishing a methodology of front-loaded environmental research to cut the period of time in half for the environmental assessment process related to wind power/geothermal power generation, we established a committee. In fiscal year 2014, we convened the committee three times to confirm the contents of the implementation plan of front-loaded environmental research in each demonstration project and ask direct questions to each project operator for progress management. In light of discussions in the committee, it was confirmed that a follow-up survey on the progress of front-loaded environmental research for each demonstration project and environmental assessment process should focus on breaking down cases into patterns, establishing analytical methods and conducting progress management from the four perspectives of project characteristics, regional characteristics, front-loading techniques and area communication techniques. In the future, it was discussed that basic information for establishing a methodology should be obtained by grasping the actual situation how each demonstration project was adjusted, for example, by making course correction in the course of follow-up/check-up on the progress status of front-loaded environmental research and acceleration of schedule.

2. Collection of Knowledge about Methodology of Front-Loaded Environmental Research
Knowledge about each demonstration projects was collected and sorted with the aim of establishing a methodology of front-loaded environmental research. In fiscal year 2014, we gathered information through direct interviews with project operators, participation, etc., in town meetings about scoping documents, etc., with respect to each demonstration project. In addition, we collected and sorted the existing and overseas cases of project characteristics and location characteristics, etc., of wind power and geothermal power generation in preparation for a study on engineering methods from 2015 and subsequent years.

3. Compilation of Database
This item deals with compilation of a database about the collection of cases and demonstration projects, etc., in light of materials that contribute to the establishment of a methodology of front-loaded environmental research sorted based on the results of study in the above items. In fiscal year 2014, we studied the structure and screen image of the database system of the collection of cases and demonstration projects, etc., in preparation for fiscal year 2015 and subsequent years. We also sorted the issues and specific processes and gathered regional environment information from each demonstration project in preparation for registration with the “Environmental Assessment Environment Information Basic Database System” of Ministry of the Environment.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る