成果報告書詳細
管理番号20150000000303
タイトル平成22年度-平成26年度成果報告書 がん超早期診断・治療機器の総合研究開発 超早期高精度診断システムの研究開発:病理画像等認識技術の研究開発 病理画像等認識自動化システムの研究開発(1粒子蛍光ナノイメージングによる超高精度がん組織診断システム)
公開日2015/6/16
報告書年度2010 - 2014
委託先名コニカミノルタ株式会社
プロジェクト番号P10003
部署名ロボット・機械システム部
和文要約平成22年度-平成26年度 病理画像等認識自動化システムの研究開発
(1粒子蛍光ナノイメージングによる超高精度がん組織診断システム)和文要約書

・研究開発成果及びその意義
a) ナノイメージングシステムの臨床価値の検討
 PIDを用いた免疫組織化学染色のスコア(粒子数)は、FACS法により測定されたHER2タンパク質の分子数と高い相関性を示すことがわかった。この結果を受けて、東北大学関連8病院が保有する乳がん針生検試料(85検体)での染色を行い、臨床価値検討を行い、HER2発現量をナノ粒子数を用いてスコア化した結果、本スコアによりHER2を標的とした術前化学療法の効果予測が可能であることがわかった。また、多色粒子の開発を行い、多重染色可能な抗体-粒子結合技術の開発に成功したことにより、多マーカー検出ニーズに対応可能となった。また、多色粒子の開発を行い、多重染色可能な抗体-粒子結合技術の開発に成功したことにより、多マーカー検出ニーズに対応可能となった。

・成果の普及
本成果を 2014/4/26「第103回 日本病理学会総会」<シンポジウム2 分子標的治療の病理学: 現状と展開>にて発表した(演者:東北大学病院病理部・渡辺准教授)。講演のインパクトは大きく、発表後、病理診断学分野において著名な病理医から多くの問い合わせがあった。今後は「第104回 病理学会総会」においてワークショップ・ランチョンセミナーを開催予定である。さらに2015年に国内臨床系学会、2016年に海外学会(ASCO、USCAP)で発表を予定している。

・成果の実用化・事業化に向けての見通し及び取り組み
今後は1粒子蛍光ナノイメージング技術の病理医への普及を一層図るとともに、本技術による創薬支援ビジネス事業を展開する。本事業は診断の高精度化・創薬成功率向上に寄与できるため、国庫の医療費削減に繋がり、数百億円規模の経済波及効果が期待できる。
英文要約・Achievement degree of the research and development target and significance of the research and development result
a) Review of the clinical value of the nano imaging system
We found that the score (particle number) of the immunohistochemical staining using PID has high correlation with the molecular number of HER2 protein measured by the FACS method. Based on this result, we conducted further staining experiment using the breast cancer needle biopsy sample (85 specimens) provided by 8 Tohoku University-affiliated hospitals, and evaluated its clinic value. The HER2 expression level was measured as the number of the nanoparticles and it was converted to the “score”. These results showed that it can make it possible to predict the effect of the preoperative chemotherapy targeting HER2 by this scoring method.
In addition, we have developed the polychromatic particles. Thus, we can apply this PID technology for multiplex diagnostics.
・ Dissemination of the result
The result was announced in "the 103rd Japanese Society of Pathology general meeting (2014/4/26)" (an actor: Ms.Watanabe, Associate Professor, Pathological department Tohoku University Hospital). We greatly had many inquiries in the impact of the lecture from a well-known pathologist after this announcement in the field of pathology diagnostics. We are going to hold a workshop and luncheon seminar in future in "the 104th Japanese Society of Pathology general meeting ". Furthermore, we plan the announcement in domestic clinical general meeting in 2015, foreign general meeting (ASCO, USCAP) in 2016.
・A prospect and the action for its practical use and its commercialization. We will disseminate the fluorescent imaging with the use of a nanoparticle which binds to target molecule on a one-to-one basis still more, and will develop the innovative drug development support business by this technique in the future. These businesses can contribute to the cost reduction of the medical fee by bringing diagnosis with high accuracy and the improvement of drug development success rate, , and will carry tens of billions of yen of economic effect.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る