成果報告書詳細
管理番号20150000000387
タイトル平成25年度-平成26年度成果報告書 Innovation for Cool Earth Forum(ICEF)の実施に係る運営業務
公開日2015/6/16
報告書年度2013 - 2014
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号Q10001
部署名国際部
和文要約本調査は、NEDOが日本政府と協力して毎年実施することとされたICEF(Inovation for Cool Earth Forum)の第1回年次総会について、適切かつ効率的に運営することを目的として実施した。

ICEF第1回年次総会のアジェンダは、大きくは全体会合である「プレナリー・セッション」と各技術分野について詳細に議論する7つの「コンカレント・セッション」により構成される。本調査では各々のセッションにおける背景情報を整理した上で、当日のシナリオを検討し、スピーカー等への共有を行った。7つのコンカレント・セッションのテーマは以下のとおりである。

(1) 太陽光エネルギー
(2) 地熱
(3) 次世代自動車
(4) 省エネルギー
(5) スマートコミュニティ
(6) RDD&D(研究、開発、実証及び普及)における公的機関の役割
(7) 先進国と途上国の協力

この他、ICEF第1回年次総会では、直近2年間に発表された世界の優れた技術開発、ビジネスモデル、政策の中から「トップ10イノベーション」が参加者の投票により選定された。本調査では、トップ10イノベーションの候補の選定を行い、参加者が投票の際に参照する情報の取りまとめを行った。

また、ICEFの企画・運営において、世界の多様な意見を反映させるため、日米欧中韓、中東、アフリカ、中南米の有識者16名で構成されている運営委員会が設置されている。本調査では、運営委員会の開催支援や、2015年に開催予定の第2回年次総会の検討に資する調査を行った。
英文要約This survey was done in order to ensure the effective and proper operation of the first annual ICEF (Innovation for Cool Earth Forum) meeting.

The agenda of the first ICEF meeting consists of two larger “plenary sessions”, where all the attendants and speakers at the meeting attends, and 7 separate sessions, called “concurrent sessions”, where separate technologies were discussed. In this survey, the background for each session and a session scenario for the day of the meeting were created for each session. This information was forwaded to the speakers as well. The 7 concurrent session themes are as follow:

(1) Solar Energy
(2) Geothermal Power
(3) Automobile Technology
(4) Energy Efficiency
(5) Smart Community
(6) The Role of Public Sector for RDD&D
(7) Cooperation between Developing and Developed Countries

In addition to the above, the “top 10 innovations” of the last two years were selected from the most excellent technological innovations, business model innovations, and policy innovations. In this survey, candidates for the “top 10 innovations” were selected, and information was gathered in order for the participants to be able to vote.

Furthermore, a steering committee including 16 members from Japan, the U.S., China, South Korea, the Middle East, Africa and South America, in order to pick up opinions from all over the world. Support during the steering committee meetings and discussions regarding the second second annual ICEF meeting were also performed in this survey.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る