成果報告書詳細
管理番号20140000000150
タイトル平成23年度-平成24年度成果報告書 風力等自然エネルギー技術研究開発 次世代風力発電技術研究開発 自然環境対応技術等(風車音予測手法の開発)
公開日2015/7/25
報告書年度2011 - 2012
委託先名国立大学法人東京大学 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成23年度-平成24年度成果報告書 風力等自然エネルギー技術研究開発 次世代風力発電技術研究開発 自然環境対応技術等(風車音予測手法の開発)

本研究開発では、風車音を高精度に予測するための技術研究開発を行った。風車音予測技術は、大きく3つの項目について検討、評価を行う必要がある。一つ目は運転状態を有する風車から発生する音をどのようにモデル化するか、二つ目は地形によってどのように音が伝搬しているか、そして三つ目は、風の有無や時間帯による影響をどう考えるかである。これらの項目に対し物理的なメカニズムを検討し、考察した結果を組み込んだ実用的なソフトウェアを開発することが重要となる。本研究では、実用的なソフトウェアを目指し、多地点計測と高精度なシミュレーション技術、観測データとシミュレーションデータの同化技術(各データを統合しパラメータ等をSCADAデータなどの環境データを取得し、統計的補正処理により実現象に合うようにする技術)、そして観測地点における各風車からの風車合成音の実現に向けた計測とモデル化を行った。また、本事業では事業者に協力を得て、既存のウィンドファームを対象とした計測、検証を行った。その結果、風車近傍において±1.5dBレベルでの風車音の予測を達成し、また風車の回転状況と位置に応じて聞こえ方が変わるドップラー伝搬モデルも構築することで、風車に対する位置の違いによる風車音計測値の違いを明らかにした。
英文要約Title: Research and Development of New Energy Technology/Research and Development of Next-Generation Wind Power Generation Technology/Technology Corresponding to Natural Environment/Development of Wind Farm Sound Prediction Method (FY2011-FY2012) Final Report

In this study, technical research development for predicting wind turbine sound with high precision was performed. For the wind turbine sound prediction technology, the following three major items need to be evaluated: 1) how to model the sound emitted from the wind turbine in operational status, 2) how the topography affects the propagation of the sound, and 3) how to consider the effect of the wind conditions and the time of the day. Moreover, we need to develop a practical software that incorporates the results of consideration of these three items’ physical mechanism. In this study, aiming at practical software, multi-point measurement as well as highly precise simulation technology, assimilation technology of observational and simulation data and the measurement and modeling toward realization of the composition of sound from each wind turbine in an observation point were performed. Furthermore, with the cooperation of business operators, measurements for the existing wind farms and verifications were performed. Consequently, prediction of the wind turbine sound in a ±1.5-dB error level near the wind turbine was attained, and the difference in the wind turbine sound measurement value by the difference in a position to a wind turbine was verified by building the Doppler propagation model, using which how sound is heard can be varied according to the rotation and position of the wind turbine.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る