成果報告書詳細
管理番号20150000000056
タイトル平成23年度-平成25年度成果報告書 地域水素供給インフラ技術・社会実証 地域実証研究 山梨県における実証研究
公開日2015/7/25
報告書年度2011 - 2013
委託先名山梨県 岩谷産業株式会社
プロジェクト番号P11003
部署名新エネルギー部
和文要約地域水素供給インフラ技術・社会実証 地域実証研究 山梨県における実証研究
成果概要

本実証研究では、移動式の水素供給インフラとFCVを活用し、水素ステーション運用、FCV走行等を行う中で、山梨県の地理的・気候的特徴を活かした水素供給インフラ等の技術実証に取組んだ。
本実証研究は技術・社会実証(HySUT)、福岡・佐賀県における地域実証研究と連携して実施した。

(1)インフラ実証研究
・山梨県がトヨタ自動車(株)からFCV(FCHV-adv)をリース導入し運用した。
・岩谷瓦斯(株)甲府工場に移動式水素ステーションを設置し、FCVおよび燃料電池バスへの充填を行った。
・FCVおよび燃料電池バスへの充填を通じて、実使用条件下における移動式水素ステーションの運用データおよび不具合や消耗品に関するデータを取得した。

 (2)高速道路SAステーション実証研究
・SAに移動式水素ステーションを設置するため、中日本高速道路株式会社及び山梨県と折衝を実施した。
・折衝の過程において、不特定多数の人間に対する安全措置を考慮し、高圧ガス保安法一般則7条の3への準拠を検討するなど、SAに設置・運用するための課題抽出を行った。

 (3)地域水素インフラ導入研究
・各市町村での人口、可住地面積、車両保有台数、交通センサスのODデータ等の地域データの収集を行うとともに、燃料電池自動車の普及予測に基づく地域水素ステーションの採算性をシミュレーションした内容を盛り込んだ山梨県における最適な水素ステーション設置計画の案を作成した。
・山梨県の都道府県別日照時間日本一という特徴を生かし、小型ソーラー水素ステーションの導入検討を実施した。

 (4)水素インフラ及びFCVの社会受容性に関する調査研究
・水素インフラ及びFCVの社会受容性調査を行うため、一般ユーザー(山梨県民)にモニターとなってもらい、FCVの使用等についてアンケート調査を実施した。
英文要約Infrastructure technologies for Local hydrogen supply・social demonstration, local experimental study, experimental study in Yamanashi Prefecture
Outline of findings

In this experimental study, we carried out tests of infrastructure for portable hydrogen supply and the use of the FCV, operation of hydrogen stations and the FCV driving test, in which we addressed technical demonstrations such as infrastructure for hydrogen supply taking advantage of geographical, climate in Yamanashi Prefecture
We performed this experimental study in cooperation with the Research Association of Hydrogen Supply/Utilization Technology (HySUT) and the local experimental study in Fukuoka Prefecture and Saga Prefecture

(1)Demonstration study for infrastructure
・Yamanashi Prefecture has introduced a FCV (FCHV-adv) from Toyota Motor Corporation on lease and operated it.
・They have set up a portable hydrogen station in a Kofu factory of Iwatani Corporation and filled hydrogen to FCV s and fuel cell buses.
・Through filling to FCV and fuel cell buses, we acquired data regarding operation data of portable hydrogen station under the conditions of practical use, the defects and the consumables.

 (2)Experimental study of freeway SA station
・To set up a portable hydrogen station at Service Area, we held talks with Central Nippon Expressway Company and Yamanashi Prefecture.
・During the process of the talk, we selected the subjects to set up and operate the SA such as considering safety precaution to general public and the compliance to the item 3 of general rule Article 7 in Security Regulation for General High-Pressure Gas.

 (3)Study for introduction of local hydrogen infrastructure
・We collected local data such as a population of each city, town and village, habitable area, number of vehicles owned and OD data of traffic census. We also prepared the optimum installation plan of hydrogen station in Yamanashi Prefecture which includes simulated contents of profitability of local hydrogen stations based on popularization of forecast for fuel cell vehicles.
・Making full use of the characteristics of Yamanashi Prefecture which is the most sunshine in hours by prefectures, and we considered to introduce compact solar hydrogen stations.

 (4)Research study regarding hydrogen infrastructure and social receptivity of FCV
・To conduct a research on social receptivity of hydrogen infrastructure and FCV,
we had general users (residents of Yamanashi Prefecture) become monitors and carried out a questionnaire survey about the use of FCV and others.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る