成果報告書詳細
管理番号20150000000078
タイトル平成25年-平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 褐炭改質技術、石炭灰利用技術、バイオマス利用技術の統合によるインドネシアの石炭低品位化対応ソリューション事業の案件発掘調査
公開日2015/7/25
報告書年度2013 - 2014
委託先名北陸電力株式会社 宇部興産株式会社 丸紅株式会社 一般財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約件名:平成25年度-平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 「褐炭改質技術、石炭灰利用技術、バイオマス利用技術の統合によるインドネシアの石炭低品位化対応ソリューション事業の案件発掘調査」
 わが国企業によって開発・構築された環境・エネルギー関連の個々のコア技術(褐炭改質技術、石炭灰土壌改良剤製造技術、EFBガス化発電技術)を統合することで、単独の技術では得られなかったシナジー効果による新たな価値を創造できる。このシナジー効果を発揮させ、現地ニーズに合わせて仕様を決めることで、現地固有の複合的な環境・エネルギー問題を、同時に、より効率的に解決できるシステムを提供する事業の実現可能性を調査した結果、以下のことが判明した。
 まず、インドネシアでは、低品位炭の改質需要が2020年頃から高まることが予想された。同国では、急増する電力需要に応えるため、政府主導の第1次・第2次クラッシュプログラムが導入され、今後、発電用石炭の需要が飛躍的に伸びる計画となっているが、発電用石炭需要の約50%は中品位炭(GAR 4,800-5,200kcal/Kg)が占めることがわかった。同国全体での中品位炭の需要は、2013年時点の43百万t/年から2020年には52百万t/年まで伸びる一方、供給能力は限定的なため、2020年頃から需給バランスが逆転し、供給不足を補うために低品位炭の改質が促進される可能性がある。同国の中長期的な石炭需給の緩和を支援することは、同国への石炭依存度が高いわが国のエネルギーセキュリティ上も有意義と判断される。
 また、わが国の技術により石炭灰から土壌改良剤を製造し、同国に広く分布する強酸性土壌における活用の可能性を検討した。各種の安全性試験の結果、同国の有害廃棄物判定基準の適合を確認するとともに、バイオ燃料原料作物を対象としたポット栽培試験の結果、石炭灰土壌改良剤は、競合する土壌改良剤よりも高い生育促進効果があることがインドネシア国立研究機関により定量的に評価された。一方、石炭灰土壌改良剤に対する潜在的ニーズを確認するとともに、競合する土壌改良剤の価格等を把握し、石炭灰土壌改良剤製造の事業性を検討した。同国では、石炭火力発電の増加に伴い、中長期的な石炭灰処理計画の策定や有効利用策の検討が課題となると予想され、石炭灰土壌改良剤の事業性評価の精度を一層高める必要がある。
 さらに、野外に放棄され大気中にメタンガス(地球温暖化係数21)を放出しているパーム(アブラヤシ)のEFB(Empty Fruit Bunch、空果房)をガス化技術で有効活用し、地球温暖化ガス排出量の削減に寄与する可能性を確認した。同国では、地球温暖化ガス排出削減意識が高まる一方で、バイオマスの有効利用は未だ限定的であり、パームプランテーション等の拡大に伴い発生量が増大しているEFBの有効利用が喫緊の課題となっている。
 本事業のインドネシア側パートナーであるHASNUR社(南カリマンタン州)は、上記統合システムを効果的に適用できる要素(資源・設備・インフラ・立地条件)を備えており、概略プラント設計・見積に基づく事業性評価の結果、一定の前提下で事業実現の可能性があること(IRR[内部収益率] 13%)が確認された。また、インドネシアには、低品位炭鉱とパーム農園事業が近傍で存立する本事業モデルを適用できる類似事例が多いことも判明した。
 調査の結果、上記の成果を得た一方、(1)事業性のさらなる改善、(2)改質炭事業に関するインドネシア政府の今後の政策・方針確認、(3)石炭灰土壌改良剤の市場開拓・製品規格策定の課題も明らかになり、本事業モデルの事業化・商業化を促進させるために、引き続き、課題解決策を探る必要性が指摘された。
英文要約Title: International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy / Project Formation Research on High-Efficiency Clean Coal Technology. The Investigation to Develop the Solution Business Coping with Low Rank Coal Produced in Indonesia by Optimal Integration of Technologies of Lignite Upgrading and Utilization of Fly-ash and Biomass.

By integrating environment and energy related core technologies consisting of “Lignite Upgrading”, “Production of Soil Conditioner from Fly-Ash” and “EFB (empty fruit bunch) Gasification Power Plant” which were developed by Japanese corporations, we can create a new value by a synergy effect. We would like to provide a breakthrough system, which can resolve complicated environment and energy related local issues effectively and simultaneously. Our survey and research showed the following things.

First, a demand for upgraded low rank coal will increase around 2020 in Indonesia where a coal demand for power plant use will increase significantly. On the other hand, a demand-and-supply balance of mid rank coal will be reversed around 2020 due to a shortage of supply capability, which will thus promote upgrading of low rank coal. We consider it meaningful for Japan to help alleviate the mid and long-term demand-and-supply balance of coal in Indonesia in terms of energy security for Japan that depends highly on Indonesia for its import of coal.

Second, we examined possibilities of utilizing a safe fly-ash soil conditioner made with a technology of Japan to improve highly acidic soil widely spread in Indonesia. We learnt that the conditioner cleared the judging standard value of hazardous wastes in Indonesia and has a growth stimulation effect for feedstock crop for bio-energy. On the other hand, we clarified the potential needs for the fly-ash soil conditioner in Indonesia, grasped the market of existing soil conditioners which could compete against it, and examined the feasibility of manufacturing it. Because the mid and long-term management plan for disposal and effective use of fly-ash will be a critical issue in Indonesia, we need to raise further the accuracy of our evaluation of the fly-ash soil conditioner business.

Furthermore, we examined a possibility of contributing to reduction of GHG emissions by utilizing with a gasification technology of EFB of oil palm which is abandoned in fields, and emits methane into the air. In Indonesia, a biomass system like EFB utilization has not been effectively executed, and it is critical to effectively utilize EFB which is increasing with expansion of a palm plantation.

We confirmed that South-Kalimantan-based Hasnur is qualified as our potential partner in Indonesia in terms of coal resources, infrastructure, and location, and that our rough calculation for business profitability shows a possibility for a future business realization under certain conditions. We also realized a huge potential that our business model will be applicable to many cases consisting of low rank coal and nearby palm oil plantation in Indonesia.

We need to continue to investigate how to resolve the following issues; a) need to further improve the business profitability, b) clarification of policy and regulation for coal upgrading business by Indonesian government, and c) market development of the fly-ash soil conditioner.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る