成果報告書詳細
管理番号20150000000099
タイトル平成26年度成果報告書 ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト クリーン・コール・テクノロジー実用化可能性調査 低品位炭利用促進事業可能性に関する検討 豪州褐炭由来電力向け改質炭製造における実用化可能性に関する検討
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名九州電力株式会社 電源開発株式会社 東京電力株式会社 新日鉄住金エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P10016
部署名環境部
和文要約件名:平成26年度成果報告書 ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト クリーン・コール・テクノロジー実用化可能性調査 低品位炭利用促進事業可能性に関する検討 豪州褐炭由来電力向け改質炭製造における実用化可能性に関する検討

豪州褐炭は、埋蔵量が多く、灰分や硫黄分が少ないというメリットを持つにも関わらず、自然発熱性が高く、水分含有量が多いというデメリットによって、主に炭鉱に隣接する山元発電での利用にとどまっている。そのため、日本国内の発電用燃料として利用されていない豪州褐炭を乾燥、乾留及び成型することにより、電力向け改質炭を製造する事業の実現可能性を検討した。【1.ビジネスモデル検討】まず、ビジネスモデル検討に資するため、(1)製品の市場規模に関する調査、(2)鉱山会社、建設候補地、製品輸送インフラ他豪州サイト調査、(3)製品改質炭利用に関する評価、(4)改質炭製造プロセスの確立に関する検討を行った。その結果をもとに、豪州ビクトリア州ラトローブバレー地区に年間生産量1,000万トンの改質炭製造プラントを建設するビジネスモデルを評価した。経済的には、本調査と並行して実施された「低品位炭利用促進事業可能性に関する検討のうち低品位炭価格、製品価格」(受託者:(株)三菱総合研究所)の調査結果に基づく条件では成立しないが、採掘コストに基づいた原炭調達価格、及び今後の一般炭価格の見通しや改質炭の性状に基づく付加価値を織り込んだ最終製品価格を設定することにより、成立する可能性を示した。また、技術的には、改質炭の安全性確保等の品質面の課題や目標とする製造コストを実現するための課題が抽出された。技術的、経済的課題が解決されれば、本ビジネスモデルは、製品の引き取り手となり得る最終ユーザーが技術開発に直接取り組んでいるため、目標とする製品の品質はユーザーニーズに合致しており、バリューチェーンの実現性は高いものと考えられる。【2.抽出された課題と研究開発項目】改質炭製造プロセスの確立に関する検討によって得られたビジネスモデル実現に向けた主な課題は、以下のとおりである。【技術的課題】(1)改質炭輸送安全性の確立、(2)低コスト成型技術の確立、(3)乾留設備の生産性向上、(4)低温乾燥技術の確立 【経済的課題】(1)原炭の安価な調達、(2)豪州国内輸送インフラの整備推進  ビジネスモデル実現のためには、技術開発→実証→商業化のステップがあり、抽出した技術的課題に第一に取り組む必要がある。
英文要約Title:Technical Development Project for Zero-emission Coal Power Generation / Clean Coal Technology Feasibility Survey / Review Concerning Possibility of Low Rank Coal Use Promotion Project Review Concerning Feasibility of Australian Reformed Brown Coal for Power Generation (FY2014) Final Report

Although Australian brown coal has merits including large deposit and less ash content, it is largely used by mine-mouth power plant due to the demerits of high moisture content and spontaneous combustibility. Therefore, we considered the feasibility of a business model for producing upgraded coal from Australian brown coal that is not used as a fuel for generating electric power in Japan, by drying, pyrolysis and briquetting the coal. [1. Consideration of a business model] We conducted (1) an investigation regarding the market scale of a product, (2) an investigation of sites in Australia including mining companies, candidate sites for construction, infrastructure for product transfer, (3) an evaluation regarding the use of upgraded coal and (4) an establishment of the process for producing the upgraded coal to contribute to the evaluation of a business model. We evaluated a business model for constructing a plant to produce the upgraded coal with a production amount of 10 million tons per annum at Latrobe Valley in Victoria, Australia. Economic feasibility of the business is unrealizable in the case of the condition based on the price of low rank coal and the product price investigated by Mitsubishi Research Institute. However, we found out the economic feasibility of the business by setting the future outlook price of steam coal, the price of raw coal based on mining cost and the price of product including an added value based on the characteristics of upgraded coal. With respect to technical feasibility, we identified the issues to achieve the target production cost and secure the quality control such as safety of the upgraded coal. If the economic and technical issues are solved, the feasibility of the value chain is high because there is the possibility of manufacturing products having the required quality by the end user who could obtain the products directly engages in technological development. [2. Issues identified and research and development items] We identified the issues for realizing the business model by considering the process for producing the upgraded coal. The main issues are as follows; [Technical issues] (1)The safe transportation of upgraded coal, (2)Low cost briquetting technique, (3)Productivity improvement of the pyrolyser, (4)Low temperature drying technology, [Economic issues] (1)Procurement of inexpensive raw coal, (2)Development of the transport infrastructure in Australia. It is necessary to address the identified technical issues at first because there are 3 steps (Technological development -> Verification -> Commercialization) for realizing the business model.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る