成果報告書詳細
管理番号20150000000134
タイトル*平成26年度中間年報 「地球温暖化対策技術普及等推進事業 ベトナム版VーBEMS開発によるホテル省エネ促進実証事業 (Low Carbon Hotel(低炭素ホテル)普及促進)」
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名日比谷総合設備株式会社 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約本事業で開発する技術は、ベトナムにおける一般的なホテルのエネルギー消費割合の85%を占める、空調、照明、給湯の3つの用途に対して以下の省エネ施策を効果的に実施する。熱源システム(ベトナム版BEMSの開発)、照明システム(ベトナム版SLCの開発:スマートライティングコントローラー)、給湯システム(最適システム構築手法の開発)である。

JCM実証事業:実証サイト候補の辞退にともない代替サイトの確保。、HCMUNRE(ホーチミン天然資源環境大学)とのIDの締結。MoU締結日程に合わせた全体スケジュールの見直し。

ベトナム版BEMSの開発:現地施設管理者からのヒアリングでBEMSに対するニーズを掘り下げ、その結果に基づき、熱源、ポンプ等の見える化(収集情報のグラフ)、見せる化(指標と比較したグラフ)、顕在化(作業指示)の詳細仕様を検討。計測個所による必要に応じた精度の機器の選定および現地で購入可能な温度センサーの測定試験による有効性の確認。日本からの遠隔メンテナンス時の通信負荷の調査を通じ、ベトナム国内および実証サイトにおけるネットワーク環境の調査。
ベトナム版SLCの開発:ベトナム国内で通信電波を発するSLC親機を設置するにあたってMIC認証が必要であることを確認。施工不良による事故低減のための、筐体および端子周辺のデザインを再検討。現地の電圧状況対応のために基盤電源部仕様を再検討。遠隔での監視を容易にするために、SLC親機の設定画面の仕様を再検討し、WEB上で分かりやすい設定画面に仕様を変更。

最適給湯システム構築手法の開発:ヒートポンプとボイラーの最適運転方法構築のために、現状蒸気システムおよび給湯稼働状況の確認をおこない既存蒸気コントロール制御とヒートポンプ運転制御の最適動作を確立。
MRV:経済産業省および経済産業省JCM方法論委託事業者との継続協議の実施。環境省へのJCM方法論の説明および協議の実施。第3回合同委員会に先立ち、JCMベトナム合同委員へのJCM方法論の事前説明実施。関係省庁およびJCMベトナム合同委員会との協議に基づく方法論修正実施。パブリックコメント公表に向けた最終方法論案推敲。JCM事務局による完全性確認時の対応。第3回JCM合同委員会に向けた説明資料準備及び合同委員会における説明実施。最終方法論案に基づく排出削減量試算実施。これらの実施により、経済産業省および経済産業省JCM方法論委託事業者、環境省との方法論修正案に対する合意、パブリックコメントのための公開に向けた最終方法論案のJCMベトナム合同委員会への提出、第3回合同委員会におけるJCM方法論の承認をおこなった。
英文要約1. Project Description; The technology developed under this project helps efficiently implement energy-saving measures toward air conditioning, lighting and hot-water supply. These three applications account for 85% of the energy consumption in general hotels in Vietnam. 2. Content of Implementation and Result of this Fiscal Year -Ensure alternate demonstration site because of refusal of candidate its site, -Contract of ID with Hochiminh University of Natural Resouse and Environment (HCMUNRE), -Review of the entire schedule of this project in accordance with the date of MoU contract -Considering the concept of software using the information gained from facility manager of each demonstration site, -Study the detailed specification of software for visualization (Graph of collecting information about equipment), showing (Graph compared with guideline) and, actualized (Instruction of operation), -Selection of the equipment for measurement based on each measure point, -Confirmation of effectiveness for the temperature sensors we will procure in Vietnam for this project, -Study internet and network condition in Vietnam by investigation of communication load for remote maintenance from Japan -Confirmation that MIC authentication is required for SLC base units which emit radio waves in order to use a wireless LAN in Vietnam, -Review the design of frame and around terminal to avoid some accident due to installation defects, -Review the power unit specification to cope with unexpected changes in the voltage, -Review and change the setup screen to monitor with remote, and to understand it clearly on web site -Study establish the way of optimum operation for heat pump and boiler, -Establishment optimum operation of controlling existing steam and of controlling new heat pump using the information of the existing steam system and hot water supply -Discussion with Ministry of Economy, Trade and Industry and their entrusted companies for JCM methodology, -Explaining and discussion about JCM methodology to Ministry of the Environment, -Explaining JCM methodology to JCM Vietnamese joint committee prior to the third joint committee meeting, -Review JCM methodology based on the opinion of relevant ministries and JCM Vietnamese joint committee to the publication for public comments, -Conducted the estimation for emission reductions based on final JCM methodology, -Explanation of final JCM methodology at the third JCM joint committee meeting, -Submission of final JCM methodology to JCM Vietnamese joint committee to the publication for public comments on the basis of the agreement with Ministry of Economy, Trade and Industry, their entrusted companies for JCM methodology, and Ministry of the Environment, -Approval of final JCM methodology at the third JCM joint committee meeting.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る