成果報告書詳細
管理番号20150000000192
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 携帯電話基地局エネルギーマネジメントシステム実証事業 (インド)
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名日本電気株式会社 株式会社ピクセラ
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約本実証は、インドの携帯電話基地局において、蓄電池、EMS(エネルギーマネジメントシステム)、PV(太陽光発電装置)を導入することにより、停電時に使用されるディーゼル発電機の燃料消費を抑え、経済性とCO2排出量削減の効果について実証を行う。
26年度は、実証実験のパートナーである鉄塔会社と実証実験対象局や実証内容の整合、協力依頼事項について合意を行い、実施計画書(Implementation Document)を締結した。
また、実証実験で用いるシステムの試験を国内と現地で実施し、正常に動作することを確認した。
さらに、実証サイトのシステム導入工事調査を行い、導入工事設計書やシステム操作手順書等を作成し、トライアル工事として2局の工事を実施した。実証機器を購入し、輸入手続き後に現地協力会社にて装置組み立てを行った。
また、実証サイト23局にて光触媒塗料の塗装を実施し、エアコンの消費電力およびシェルターの表面温度の測定を開始した。
英文要約(1)Research and development content for total period
 The purpose of the demonstration is to evaluate reduction of fuel consumption of diesel generators in order to achieve economic efficiency improvement and reduction of carbon dioxide emission by introducing Lithium-ion battery, EMS (Energy Management System) and PV (Solar panels) to telecom tower sites in India.

(2)Results of this fiscal year.
We agreed the master plan of this demonstration with telecom tower companies who are partners of the demonstration project, and signed Implementation Document.
We confirmed that the demonstration equipment properly works by using test system in Japan and in India. And we surveyed demonstration sites, and made installation design documents based on the site survey.
We also prepared system operation manuals, and other required documents for the demonstration.
We installed our test system to two sites as installation trial.
The equipment for real demonstration had been shipped to India and pre-assembled at factory after custom clearance.
We applied photocatalytic coating on the surface of shelter at twenty-three sites and started measurement of shelter surface temperature data and AC power consumption data.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る