成果報告書詳細
管理番号20150000000195
タイトル*平成26年度中間年報 地球温暖化対策技術普及等推進事業 動力プラント (ボイラー、タービン設備) への運用最適化技術の適用
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名アズビル株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約省エネ技術「動力/熱源設備運用最適化技術」を、インドネシアの石油会社の動力設備に適用し、温暖化ガス(CO2)に関するMRV手法を実証する。本実証事業により、「動力/熱源設備運用最適化技術」を導入し、かつ達成される削減量を計測・報告・検証するための方法論を特定し、その方法論に基づいたPDDの作成、1年間の実証運転を実施、第三者による検証を行う。また、運用最適化技術の普及策の検討を実施する。具体的には、他製油所、インドネシア省エネ診断企業に対し、本技術、JCMの説明をし、普及に関するディスカッションを実施する。

平成26年度の実証事業の成果と達成状況
MOU締結など、問題があり、平成26年度に実施した項目は、下記の項目である。
1.実証事業の全体計画
2.実証事業の詳細実施計画
3.実証設備等の基本設計
4.実証設備等の詳細設計(詳細設計の承認、実証設備の製作、調達は、未実施)
8.JCMの活用
(1)「実証設備等の基本設計、詳細設計」に関しては、平成26年度4月から対象動力プラントを訪問し、ヒヤリングと既設システム調査により、「基本設計書」、「詳細設計書」を作成した。
(2)「JCMの活用」に関しては、導入する「ユーティリティ設備運転最適化技術」の貢献度を適格に計測、報告、認証(MRV)を特定すること、特にリファレンス排出量の推計において適切な手法を策定することが重要となることを念頭に活動実施。
本プロジェクトにおけるリファレンス排出量推計のための方法論の基本式は、「過去の原単位」×「現在の活動量」として設定できるので、今回の方法論の特定においては、過去の原単位を推計するために、過去一定期間の燃料消費量(またはそれに起因するCO2排出量)と製造蒸気量の相関を求めることとした。
本方法論の適格性要件としては、次となる。
1) 「ユーティリティ設備運転最適化技術」の導入によるボイラ運転の最適化を行う。
2) 導入対象技術を用いた最適化は複数のボイラがあり初めて実施可能となるため、導入サイトは既存の施設であり、2つ以上のボイラを配備している。
3) リファレンス排出量の計算に不可欠であるため、個別ボイラについて、過去の燃料消費量、蒸気生産量データが入手可能である。
4) 全ての蒸気需要は施設内部で満たされ、外部から調達されない。
上記方針に基づき、JCM Proposed Methodology フォームのWordフォーム およびExcel フォームを記述し、MRV方法論を特定した。
特定した方法論を、第三者検証として、三菱総合研究所の精査を受け、経済産業省および他関係省庁と協議の後、日本-インドネシアの合同委員会に提出した。合同委員会で審査後公表され、パブリックコメントを受け付けた。
今後、実証にあったっては、本方法論に基づき、PDD(Project Design Document)を作成することになる。
英文要約Utility Facility Operation Optimization Technology is Japanese leading-edge technology. The optimization technology determines the optimum load allocation for utility equipment such as boilers, steam turbines in order to minimize CO2 emissions. Without any change of utility facility hardware, this technology will realize a great amount of CO2 reduction. This technology can be applied to the existing utility system of factories of various industries and is high return-on-investment (ROI) technology, since it works on simple computer systems. It has a great amount of CO2 reduction potential for various industries in Indonesia, such as refineries, chemical plants and so on.
In this project, we will execute the following items during two years from April 2014 till March 2015: (Original schedule)
(1) Project basic and detail planning(2014)
(2) Basic design of Utility Facility Operation Optimization(2014)
(3) Determination of an MRV Methodology (2014)
(4) Detailed design of the system(2014)
(5) Procurement and manufacturing of the system(2014)
(6) Transportation of the system(2014)
(7) Installation of the system(2014)
(8) Preparation of Project Design Document (PDD) for MRV(2015)
(9) Operation of the system and monitoring for MRV(2015)
(10) Activity of Dissemination (2015)
Till the end of March 2015, we couldn’t finish item (5)-(7) , since the MOU between NEDO and Indonesia government is still not finalized yet.
The item (1) ,(2) and (4) were completed as the original schedule.
The item (3) “Determination of an MRV Methodology” is important for JCM scheme. It is key activity to settle on measure, report and verify the contribution of the introduced “Utility Facility Operation Optimization Technology”、especially to specify an appropriate method in estimation of the reference amount of emission in particular.
Basic formula of methodology for reference amount of emission estimation in an optimization project is "the specific energy consumption of the past" multiplied by "the present active amount". We prepared the word form and excel form in JCM Proposed Methodology Form to specify MRV methodology. A close inspection of Mitsubishi Research Institute Inc. (MRI). was received as a third party inspection. Under MRI activities, the specified MRV methodology was submitted to the Japan - Indonesia joint committee after consultation with the Ministry of Economy, Trade and Industry and the other related ministries.
It was published after the examination by the joint committee for receiving public comments, but any public comments wasn't taken out in particular.
In execution of project verification, PDD will be made based on this methodology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る