成果報告書詳細
管理番号20150000000196
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証前調査 圧縮天然ガス (CNG) 車普及に向けたインフラ構築を含む持続可能な環境整備・実証事業 (インドネシア)
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名豊田通商株式会社 トヨタ自動車株式会社 日野自動車株式会社 東邦ガスエンジニアリング株式会社 一般社団法人日本自動車研究所
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約(1) 候補サイトの選定(CNGステーション:尼語SPBG)
 国有石油ガス会社Pertaminaとの協議と現場調査から、Jakarta市街地の既設給油所への併設2ヵ所、Jakarta-Cikampek高速道沿いの工業団地に併設1ヵ所と新設1ヵ所を候補として選定した。選定にあたり、併設3ヵ所については、Pertaminaから1日あたりの各燃料給油量データを入手し、現場の給油映像の解析と合わせて、車両台数、車種構成比率、各車種の給油量を算出し、将来(2020年、2030年)のCNG車台数(三輪タクシー、ミニバス、タクシー、乗用車、トラック(トラクター含む))とガス需要を推計した。また、新設1ヵ所については、工業団地給油所の推計結果をもと、CNGトラック台数とガス需要を推計した。更に、CNG車の構成と台数、ガス需要から、各SPBGの仕様と将来の拡張性も検討した。
(2) ユーザーの選定(CNG車)
 CNG乗用車の実証試験は、政策決定者に、その品質等の優位性を実感してもらい、品質を確保するための制度設計に反映することを目的とする。この為、石油ガス局MIGASと検討の結果、大統領調整府、副大統領府の他、各省の総局長、局長、部長級を対象とすることとした。具体的には、エネルギー鉱物資源省ESDM/MIGAS、運輸省、工業省、財務省、技術評価応用庁、Jakarta特別州のエネルギー/ガス局、工業団地のある自治体、Pertaminaに2-4台ずつ、計20台を供与する計画である。
 CNGトラックのユーザーについては、燃費や環境性能への関心が高く、実証走行試験の協力が得やすいと考えられる、日系物流会社数社、現地物流会社数社、Pertaminaの燃料運送会社(タンクローリーのCNG化)を対象に、運送事業の状況(車種、台数、物流ルート、GPS機材等)をヒアリングした。今後、ユーザーを絞り込み、車型や架装の仕様を詰める。
(3) 許認可、環境規制等諸規制、関連法規、税制に関する調査
 石油ガス研究所LEMIGASを訪問し、ガス品質に関する協議を進めることを合意した。LEMIGASは、日本自動車工業会が欧米自動車工業会に対して提案した、世界燃料憲章WWFC(Worldwide Fuel Charter)のCNG規格に関心があり、MIGASへの規格提案に向けた交渉ラインとして期待される。
 JASIC及びエンジンセンターBTMPとの情報交換により、輸入CNG車の排ガス認証試験は10台以下ならば免除されること(環境省、No.4-2009、第3条)、環境省は2015年からCNG車に限りEuro4に規制強化を検討中であることを把握した(試験用CNGは市場から調達予定)。なお、BTMPはCNG車の排ガス試験実施に向け準備中である(蓄ガス器導入、エンジンダイナモ増設)。
(4) システム実証事業実施に当たっての課題等と対応策
 SPBGのガス分析については、LEMIGASや政府系分析会社Sucofindoは、CNG中のオイル分析の経験が無く、方法や支援について日尼間で協議が必要である。外注先選定には、技術、人員、納期、費用、MIGASとのつながりも考慮すると、LEMIGASが優位と考える。
 走行試験のデータ収集については、CNG車と比較するベース車の確保とデータ収集が課題である。乗用車については、台上試験(シャシーダイナモメーター試験)により燃費・排ガス性能の違いを把握する。トラックについては、既に物流会社にベース車(ディーゼル車)があるので、既知データや新規データ(実証走行試験)を活用する方向である。
英文要約(1) Selection of CNG refueling stations (SPBG):
We selected four SPBG by discussion with Pertamina and site research, two SPBG as an extension type of current fuel station (SPBU) in DKI Jakarta, a SPBG as an extension type in industrial estate and a new SPBG in industrial estate along the Jakarta - Cikampek expressway.
We also estimated number of CNG vehicles (Bajaj, Microlet, taxi, passenger car and heavy duty truck) and CNG demand of the SPBG in 2020 and 2030 by analysis of current refueling volume by Pertamina and video movies at the existing SPBUs.
(2) Selection of CNGV users:
The purpose of demonstration of operating CNG passenger cars is for policy decision makers to feel a real superiority and to reflect a design of system. We made a discussion with MIGAS (Directorate General of Oil and Gas), and then the candidates of CNG car users are the executive office of the President, the Vice President, ESDM (Ministry of Energy and Mineral Resources) / MIGAS, MOT (Ministry of Transportation), MOI (Ministry of Industry), MOF (Ministry of Finance), BPPT (Agency for the Assessment and Application of Technology), DKI Jakarta, local administration of industrial estate, and Pertamina, 2-4 cars respectively, total 20 cars.
The candidates of CNG truck users are Japanese and local logistic companies (including Pertamina’s tank trucks) in and around JABODETABEK. We interviewed them about their types of trucks, the number of trucks, load-carrying platform, logistic routes and GPS devices, etc.
(3) Research on approval, regulations and a tax system:
We have made several discussion of CNG quality with LEMIGAS (Research and Development Centre for Oil and Gas Technology under ESDM/MIGAS). LEMIGAS is interested in JAMA’s proposal concerning CNG quality of Worldwide Fuel Charter, and we expect that LEMIGAS will make a proposal of improving CNG quality to MIGAS.
According to JASIC Indonesia and BTMP (The Laboratory for Thermodynamic Engines and Propulsion), the emission certification test of imported CNG vehicles is omitted if the number of vehicles does not exceed 10 (MOE (Ministry of Environment) No.4-2009, article 3), and Euro4 regulation of CNGVs are now under review by MOE. BTMP is preparing emission test of CNGVs.
(4) Issues of a demonstration project and measures:
LEMIGAS and Sucofindo have a gas chromatography for chemical analysis of CNG quality. However, they have no experience of measuring oil contaminator, and therefore we have to discuss a method and technical support with them. We consider LEMIGAS is better for outsourcing of CNG quality analysis because of connection with MIGAS.
It is important to compare CNGVs and base vehicles (gasoline passenger cars and diesel trucks), especially fuel economy. We have a plan to compare fuel economy and emissions between a CNG car and a gasoline car by chassis dynamometer test at laboratory. Concerning trucks, we can use existing data or new data at the demonstration driving test of diesel trucks by logistic companies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る