成果報告書詳細
管理番号20150000000210
タイトル平成26年度成果報告書 「地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 タイ国における超高効率小型貫流ボイラーおよび関連技術普及プロジェクト案件調査」
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名三浦工業株式会社 日本テピア株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約タイでは、同国のエネルギー政策の観点のみならず産業競争力強化の面から省エネルギー化が重要課題となっている。現在、タイは発電量のうち全体の約7割を天然ガス火力発電に依存しているが、国内生産天然ガスは2015年頃にピークアウトするとされていることから、低環境負荷高エネルギー効率の電源確保と同時に電力消費量の抑制が必要な状況にある。同時に、2015年のAEC成立による域内自由化への対応や、中所得国の罠(Middle Income Trap)からの脱却といった課題を抱えるタイにとって産業競争力強化も大きな課題であることから、少ないエネルギー量でいかに効率よく生産を行うかという観点からも、省エネルギー化に向けた取り組みが進められている。とりわけ、タイ国内の工場や病院・ホテル等で使用されるボイラーの多くがエネルギー効率の低いとされる炉筒煙管式であることから、小型貫流ボイラーへの入れ替えによるエネルギー削減ポテンシャルが着目されてきた。小型貫流ボイラーは、炉筒煙管ボイラーに比べて安全性が高く省エネルギー効果が高い特徴をもったボイラーであり、大容量のボイラーを1機設置する代わりに小型ボイラーを多缶設置し制御することで、低負荷時のボイラー発停を抑えて大きな省エネ効果を得ることが可能だが、機器導入時の初期投資ハードルが高いことなどが障壁となり、これまで普及が進まなかった。

そこで、受託者である三浦工業株式会社および日本テピア株式会社は、高効率かつオンラインでのメンテナンスによる持続的な高効率運用が可能な「超高効率小型貫流ボイラー」をタイの工場複数箇所に導入し、同オンライン機能を活用した一括集中管理によってMRVを行うことによって「プログラム型JCM案件化」するプロジェクトの実現可能性を検証した。本プログラム型JCMでは、発生するクレジットをリース会社が管理するスキームを想定しているため、同クレジット活用によってリース料率を軽減する可能性についても検証を行った。技術面での可能性を検証し、クレジットを組み込んだリース販売スキームによる後押しによって顧客の初期投資ハードルを下げ、高効率小型貫流ボイラーのタイへの普及拡大を図ることを目指し実施した調査である。

調査の結果、タイ国内のボイラーの多くが炉筒煙管または水管ボイラーであり、想定していた効率ほど低くはないものの、超高効率小型貫流ボイラーの導入による一定程度の効率改善の余地は確認できた。技術的検証においては、オンラインでの通信状況や水質の違いによるボイラー用水の前処理といった解決すべき課題が洗い出され、コストの上昇要因として懸念されるが、技術的に解決不可能な課題ではなく、今後、最適なシステム仕様の追求とコスト圧縮によって解決可能と考える。ただしMRVへの活用を想定していたオンラインメンテナンスシステムについては、JCMのMRVとして求められるデータの厳格性に照らし同データをそのまま使用することは困難であり、計測器と直結させたMRV用システムを別途構築する必要があることが判明した。なお、顧客側から見た投資回収の観点や事業者から見た事業収支の観点からはビジネス実現可能性は高く、今後、タイ・日本国間のJCM締結を前提に、受託者はこれら課題を解決する設備の開発とともに超高効率小型貫流ボイラーのタイ市場への展開を目指していく。本プログラム型JCMにおいては、2020年までの6年間で累計862台の展開を想定しており、同計画が実現した際のプロジェクト排出削減量は91,962トン、波及効果を含む想定排出削減量は908,617トンと推定される。
英文要約Energy conservation has become the top-priority issue in Thailand, not simply because of its energy policy, but also because of the necessity to enhance its industrial competitiveness. Boilers, in particular, are focused on as a potential source of energy conservation. Most of the boilers currently used in Thailand are fire tube boilers, which are considered to have low efficiency, and there is a high potential to reduce energy consumption by replacing them with small once-through boilers. Compared to fire tube boilers, small once-through boilers have a higher level of safety and a more effective energy-saving effect. It’s also possible to conserve a lot of energy by installing and controlling multiple small-sized boilers instead of a single large-sized one, and by operating a limited number of boilers during low-load operations.

Miura Co., Ltd. and Tepia Corporation Japan, examined the feasibility of introducing “ultra high-efficiency small once-through boilers” equipped with an online maintenance system, which realizes sustainable high-efficiency operations, into factories in Thailand, and of executing this project as a “program-type JCM project” by controlling multiple boilers and conducting MRV through an online system. As the scheme of the program-type JCM assumes issued credits to be managed by leasing companies, we also explored the possibility of reducing the lease fee ratio utilizing the issued credits.

The results of the study indicated that most of the boilers in Thailand were fire tube or water tube boilers, and we confirmed some room for improvement in efficiency by introducing ultra high-efficiency small once-through boilers. From a technical perspective, the study clarified several issues to be tackled, such as the online communication environment and the differences in water quality that might affect the method of water treatment. Although these issues raise concerns for cost increase, we believe they are technically solvable by pursuing optimization of the specifications of the system and reduction of cost going forward. The feasibility of the project as a business is high, considering the investment return for clients and profitability for operators; therefore, assuming that the JCM between Thailand and Japan will be signed, the contractors will strive to introduce ultra high-efficiency small once-through boilers into the Thai market, while developing the equipment/facilities necessary for the above issues. We expect to see a total of 862 units installed over the next six years until 2020 with this program-type JCM project. The extent of emission reductions is estimated to be 91,962 tons for the entire project, and 908,617 tons including the ripple effect, if the plan is realized.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る