成果報告書詳細
管理番号20150000000261
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 省エネビル (ニューヨーク州立大学) 実証事業 (アメリカ)
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名清水建設株式会社 Shimizu North America LLC
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約1.研究開発の内容及び成果等について

平成23年9月30日に提出したFS成果報告書における適用技術提案に関し、各機器メーカーと機器製作に向けた作業に注力し、平成25年度末に、二年間を超える粘り強い交渉及び調整作業共働を通じ、対象建屋建設が開始された平成26年1月時点での状況を反映した機器仕様書改訂を行い、実施計画変更届を発行・承認に至り、技術実証契約の変更手続きもなされ、本事業の継続性も確保されるに至った。
平成26年度は、機器の発注・製作に向けた実務が開始された。

主要品目に関する、システム実現化に向けての特記事項は次の通り。
 
1)燃料電池
a.大学より、機器の設置、オペレーション・メンテナンスに係る、米国側公的機関の資金支援を受ける方針が出され、その要件対応への協力を要請された。
b.結果、同資金支援が受けられる見通しとなり、大学側から機器発注の了承を得ることが出来た。
c.機器は平成27年7月にデリバリー予定。

2)太陽光パネル
a.太陽光パネルは平成27年6月以降の取付予定だが、大学側より、「一部モジュールを平成26年中にデリバリーする件」を9月23日に急遽要請された。
b.平成26年12月にデリバリーし、残りは平成27年6月末にデリバリー予定である。  

3)グラデーションブラインド
a.大学より、「ブラインドの電動駆動部に関するUL規格同等の規格確保」を要請された。
b.サンプル品実機を送り、「第三者機関による認定」を大学側の手配で受けることとなった。大学側はこの認定を持って機器発注を了承する予定。

4)BEMS及び制御対象関連品目
a.対象エリアはテナントスペースの為、テナント工事の設計との協調が不可欠だが、その決定に時間を要した点、大学側のベース建屋のシステムとの整合も必要要件の為、制御設計着手までに時間を要した。
b.平成27年1月以降、現在、急ピッチでそのシステム構築に向けた協議が大学側と進められている。
英文要約1. The contents of Research Development and Achievements, etc.

The Feasibility Study package dated on September 30, 2011, could become the implementation plan for realization, at end of fiscal year 2013 through the over two years’ continuation of endeavors by all related parties, reflecting the available information and conditions as of January 2014, when construction activities for the ZEN Building were kicked off.

This fiscal year 2014, some significant progress can be noted for the major equipment design and manufacturing as follows.

1) Fuel cell
a. The US counterpart requested us to support them to apply for the grant program of the public funding support for installation, operation and maintenance.
b. It resulted in success to reach the status that all parties agreed that the production of equipment could be commenced.
c. The products will be delivered in July 2015.

2) Photovoltaic (PV hereunder) panels
a. Part of PV panel delivery was requested on September 23rd, to take place within 2014 by the US Counterpart, although it is scheduled to be installed no sooner than June 2015.
b. It was deliverd in December 2014. The rest are scheduled to be delivered by the end of June 2015.

3) Gradation Blinds
a. The US counterpart requested that the movable electrical devices are certified by the reliable authority, which may serve as the equivalent to the UL standard.
b. It was agreed to send a section of blinds to the US Counterpart for the mockup purpose and obtain the certification by an independent third party, so that the purchase Order will be released as soon as it is certified.

4) BEMS and relating control items
a. The system has yet to be finalized, as it is applied to the tenant area, where the related design is still incomplete and unable to be coordinated and integrated.
b. The system coordination should be started somehow, trying to be coordinated with the time frame of overall ZEN project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る