成果報告書詳細
管理番号20150000000263
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 都市ゴミ廃棄物と産業廃棄物の混合焼却による熱回収実証事業 (タイ)
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名日立造船株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約対象国のタイ国では人口増加や経済発展による都市ごみ廃棄物および産業廃棄物の増加が予想されるが、リサイクルやエネルギーとして有効に活用されることなく、ほとんどがそのまま埋立処理されている。しかし、腐敗した廃棄物から排出されるメタンガスに引火して火災が相次ぎ、大きな社会問題として認識されている。さらに、都市化や住民反対により処分場の新規設置が難しく、こういった状況を憂慮した政府は、適正な廃棄物処理の推進についても言及している。
この様な背景の中、本事業での適応技術は都市ごみ廃棄物及び産業廃棄物を対象として、我が国では広く採用されている廃棄物のエネルギー回収を伴う焼却技術の導入によって、廃棄物の減容化、安定化および無害化と、熱および電力の利用が可能となり温室効果ガスの削減にも寄与するものである。
本調査では、タイ国および実施地域において、対象技術・システムの国際実証事業としての実現可能性検討に向けて、委託先と対象実施サイトが業務および費用を分担して行い、実施計画作成に当たって対象実施サイトと調整の上、実証事業全体について調査、検討すると共に、実証事業終了後のフォローアップ、普及展開に係る計画についての調査を実施する。
本調査の受託内容は、[1]システム実証事業の実施計画・詳細計画の具体化として、(1)実証事業実施計画、(2)実施計画に基づいた協定付属書(ID)の原案の作成、協定関連業務、(3)省エネ・代エネ効果等の試算、(4)事業の全体計画及び費用見積 (5)事業実施に当たっての課題等と対応策、(6)フォローアップ・普及事業計画の策定、(7)実証事業の実施可能性に係る総括的評価、[2]対象技術の普及可能性調査として、(1)タイ国における対象技術・システムの普及性、(2)省エネ・代エネ効果等の試算、(3)事業費用の検討、(4)タイ国における経済性評価、(5)想定普及サイト及び当該地域におけるインフラ整備状況、(6)普及対象が利用可能なファイナンススキーム・優遇税制等の調査、(7)当該技術・システム導入における政府ほかの関連政策・支援等の調査、(8)現地ニーズに即した技術の普及戦略、普及に係る意思確認、(9)フォローアップ事業計画の策定、(10)普及可能性の総括的評価の実施である。
平成26年度には、対象実施サイトとの実施計画作成(業務内容、費用分担及び実施スケジュール)の立案に向けて、[1]システム実証事業の実施計画・詳細計画(1)実証事業実施計画(4)事業の全体計画及び費用見積 (5)事業実施に当たっての課題等と対応策に関する抽出と共に、実証前調査での確認・協議事項及び実施スケジュール等を作成して現地kick offに向けた準備を実施した。
英文要約In Thailand, it is predicted that population growth and economic development lead to increased amount of MSW and industrial waste. Almost all waste is directly delivered to landfills without recycle and energy recovery. Methane gas from fermented waste at landfill site causes fires, which have been recognized as a social problem. Furthermore, construction of landfill site becomes extremely difficult due to urbanization and oppositions of inhabitants. Under the current situation, the Thai government mentioned the enhancement of proper waste management.

In this project, by introducing Waste to Energy technology which is widely accepted in Japan, we can contribute to reducing of waste amount, stabilizing and detoxification of waste, energy recovery from waste and greenhouse gas reduction in Thailand.

This feasibility study intends to develop the project implementation plan as an international demonstration project with local partner by sharing the role and cost, as well as the follow-up plan and dissemination plan.

The specific contents of this feasibility study are as follows;
[1] Materialization of the implementation plan/the detail plan for the demonstration project
(1) Implementation plan for the demonstration project, (2) Drafting of the Implementation Document and relevant agreements, (3) Calculation of energy saving and alternative energy efficiency, (4) The entire demonstration project planning and its cost estimation, (5) Issues with implementation of the demonstration project and counter measures, (6) Making the follow-up plan and dissemination plan, (7) Comprehensive evaluation for feasibility of the demonstration project
[2] Dissemination possibility study
(1) Dissemination possibility for the technology in Thailand, (2) Calculation of energy saving and alternative energy efficiency, (3) Reviewing project cost, (4) Economical evaluation in Thailand, (5) Potential site survey, (6) Survey of available finance scheme, taxation incentives etc., (7) Support measures for introduction of the technology/ the system, (8) Dissemination strategy for the technology based on local needs and confirmation of local partner’s intention for dissemination, (9) Planning for follow-up period, (10) Comprehensive evaluation for dissemination possibility

In FY 2014, we have prepared the above [1](1), (4) and (5) to discuss sharing the role and cost for making the implementation plan with local partner.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る