成果報告書詳細
管理番号20150000000264
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証前調査 インド高性能工業炉実証事業 (インド)
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名中外炉工業株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約インドでは近年のエネルギー需要の急増に伴うエネルギー自給率の低下、2012年の省エネ法(PAT制度)施行等を背景に、省エネ意識は年々向上している。PAT制度第1期では事業所別にエネルギー原単位の改善目標が設定され、その達成状況を報告する義務を負った。
他方、2013年2月に官民の鉄鋼関係者が一堂に会した"第2回日印鉄鋼官民協力会合"において、リジェネバーナを含む日本の省エネ技術が、インド鉄鋼業に対して普及を促進すべき省エネ技術(カスタマイズドリスト)の一つとして承認された。
粗鋼生産の大幅な伸びが期待されるインドにおいては、省エネ協力活動を通じてリジェネバーナによる省エネ促進の機運が高まることが予想される。実証事業を通じ日本製リジェネバーナシステムの普及展開を図ることを目的とする。

インド国内の実施サイトとしては熱延や厚板など大型の加熱炉を保有する大手製鉄メーカの一貫製鉄所を選定する。稼動中のスラブ加熱炉に設置されているレキュペレータは、燃焼用空気を最高約500℃まで予熱することが可能であるが、充分な排熱回収が行われているとは言い難い。一層の省エネを図るため、燃焼負荷が高く燃料消費量が多い部位のバーナをリジェネバーナに更新し、燃料原単位の改善(燃料消費量の削減)を目指す。

本年度の実施内容
当初本事業はJSW Steel Ltd. Vijayanagar製鉄所を想定し、実証前調査を行うための意思表明を得ていたが、その後先方の生産計画とリジェネバーナ導入に必要な改造の休止工事期間が合わないことが判明し、ここでの調査を終了した。

最終的に実施サイト候補として3箇所の製鉄所を選定し、下記調査((1)-(4)の項目)を実施。
各製鉄所に対し、調査レポートを提出した。

(1) 既設加熱炉の概要把握
(2) リジェネバーナ改造の最適ペア数検討と、その場合の省エネ率計算
(3) リジェネバーナ配置とダクトなど付帯設備の概略設置要領検討
(4) 休止工事期間の検討

提出後各社にて検討の結果、1社より調査継続の申し入れがあったため、正式なサイト候補とすべく
詳細な調査を開始した。今年度更に実施した調査は下記の通り。
(1) 既設加熱炉及び付帯機器の仕様把握
(2) リジェネバーナ改造の最適ペア数確定
(3) 改造機器の配置計画
(4) 工事期間の検討
(5) 図面・仕様書等詳細検討に必要な資料の収集
英文要約Year by year, the energy saving awareness improves in India backed by a drop of the energy self-sufficiency ratio caused by the recent energy rush, and the Law concerning the Rational Use of Energy (PAT scheme) enforced in 2012 year.
Improvement target of the energy consumption rate was set at the first period of PAT scheme for each business establishment and they were required to report the accomplishment situation.
On the other hand, in "the 2nd Japan and India steel meeting in February, 2013 among public and private sectors , " Japanese energy-saving technology including regenerative burners was approved as one of the energy-saving technology (customized list) that should promote the spread for the steel industry in India.

In India where large growth of the crude steel production is expected, it is anticipated that the mood of the energy conservation promotion by regenerative burners increases through energy saving cooperation activity. It is intended to spread the made-in-Japan regenerative burner system through this demonstration projects.

The integrated ironworks of a major iron manufacture maker holding the large heating furnace including hot rolling and the plate will be chosen as an enforcement site of India.
The recuperator installed in the operating slab heating furnace can preheat a combustion air to a maximum of approximately 500 degrees Celsius, but it is hard to say that enough exhaust heat recovery is carried out.
For the purpose of further energy saving, the burners imposed high combustion load and whose fuel consumption is large will be replaced with regenerative burners aiming for improving the fuel consumption rate and reduction of the fuel consumption.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る