成果報告書詳細
管理番号20150000000270
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証前調査 高度交通信号システム (自律分散制御) 実証事業 (ロシア国:モスクワ市)
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社京三製作所 株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約1. 実証事業の内容及び成果等
(1)システム実証事業の実施計画・詳細計画の具体化 (担当:京三製作所、野村総合研究所)
(1)-1.システム実証事業実施計画
 自律分散制御システム(ARTEMIS:Autonomous and Real-Time signal control based on Estimation traffic demand for Minimization of Signal waiting time、以降、ARTEMISと略す)の導入に適したモスクワ市内の実証箇所を選定するに当たり、モスクワ市交通管制センター(TsODD:Tsentra Organizatsii Dorozhnogo Dvizheniya、以降、TsODDと略す)からモスクワ市内の5箇所の実証箇所候補の提示と各実証箇所候補の交差点の交通量等のデータの提供を受けた。入手したデータの入力・分析・解析と併せてTsODDに対して、各実証箇所候補の特徴や渋滞発生の状況等の聞き取り調査を実施した。今後、上記実証箇所抽出選定モデルを用いて望ましい実証箇所をNEDO及びモスクワ市交通・インフラ局(含TsODD)の承認を経て最終決定とする予定である。また、実証事業に必要な許認可、環境規制等諸規制との適合性、輸送・通関手続き、関連法規、税制についての調査も実施した。 また、GOST-R認証、EACマークの双方の取得が義務付けられていることを確認した。輸出に関する輸送と通関手続きに関しては、ロシアへの輸送を多数手がける運送会社の調査と、機器販売時の商社の調査を行うと共に具体的な手続きを把握した。
(1)-2.上記実施計画に基づいた協定付属書(ID: Implementation Document、以降IDと略す)の原案の作成、協定関連業務、モスクワ市政府との調整
IDの原案作成については、モスクワ市との交渉過程でID締結先をTsODDとすることに合意した。併せて、MOUの締結先についてはモスクワ市の組織であるTsODDとする方向で協議に入った。
(1)-5. システム実証事業実施に当たっての課題等と対応策、機器の現地適応調査(現地環境での小規模確認試験等)
 システム実証事業実施に当たっての課題として、実証設備の仕様についてモスクワ市最大の信号ソリューションEPC contractorであるSITRONICS社の協力の下モスクワ仕様の確認を行った。
2. 成果(当該年度分についてのみ記載)
(1) 研究発表・講演(口頭発表も含む):無し、(2) 特許等:無し、(3) 受賞実績:無し
3. その他特記事項(当該年度分についてのみ記載)
(1) 成果普及の努力(プレス発表等):無し、(2) その他:特に無し
契約管理番号
14100778-0/14100779-0
英文要約For selection of the site suitable for the installation of ARTEMIS (Autonomous and Real-Time signal control based on Estimation traffic demand for Minimization of Signal waiting time) for the demonstration to the City of Moskow, Traffic Control Center of the City of Moscow, so-called TsODD (Tsentra Organizatsii Dorozhnogo Dvizheniya) proposed the five potential candidate sites and provide the data such as the trafic volume at the candidate intersections. Input the data obtained from TsODD, analisys of them were done while the intervies about the charactoristics of the sites and the status and the reason of the traffic congestion of each site. The site for the demonstration or the feasibility study will be determined by the discussion among Japan and the City of Moscow including TsODD using the traffic model for site selection. Moreover, the permissions for the demonstration, the envirommental regulation, the transportation and the custom system, were studied. We also confirmed the duty to obtain the certification named "GOST-R" and EAC mark for the demonstration project. As for the transportation/expot procedure, we studied it by the logistic company which has the rich experience in the trading with Federation of Russia and the trading company which will support the future business. As for the ID, we reached the agreement in the negociation with the City of Moscow that TsODD will sign to an ID. On the othre hand, as for the MOU, we have already started the negosiation of the siner to be TsODD. As the issue for the realizasion of the demonstration project, we confirmed the specification controled by the City of Moscow with the major EPC contractor of the traffic signal system in the City of Moscow.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る