成果報告書詳細
管理番号20150000000271
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証前調査 ICT活用型グリーンホスピタル実証事業(インド)
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社日立製作所 Hitachi India Private Limited
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約1. 研究開発の内容及び成果等
(1)実証事業の内容
 本実証事業では、病院全体のエネルギー使用量を把握するとともに、エネルギー使用量が最も大きなものを中心に、太陽光発電システム、蓄電池、高効率チラー(インバーター化含む)、LED照明、エネルギーマネジメントシステム(EMS)などを導入することにより省電力化を図り、更に今後医療データのデータ量増加を省エネタイプのデータセンタ(DC)を導入により従来のDCから電力使用量を削減し省電力化を図っていく。
 また、病院情報システムHIS(Hospital Information System)を導入して患者データ・医療データを電子管理化し、病院運営や診療を効率化することで、エネルギー使用に無駄の無いグリーン病院を実現する。

  1) ユーティリティ省エネ調査
  2) 省エネデータセンタ調査
  3) 病院運営効率改善のためのアプリケーション調査
  4) 実証事業及び普及事業を想定したインドの政策・法規制・普及可能性の調査
  5) 報告書作成業務

(2)平成26年度実施内容
   実証前調査の実施に係る事前準備として、社内外のプロジェクト関係者によるキックオフミーティングを実施。
   ・プロジェクト概要及びスケジュールの確認
   ・各社の作業範囲の明確化
   ・懸案事項等の整理
英文要約1.Detail of the project
1)Content
The demonstration project will enable the tracking and visualization of a hospital’s overall energy use by putting an IT system environment in place and upgrading to highly efficient systems and Equipment. It will facilitate energy conservation
 conservation by optimizing overall energy use.
 The currently expected activities at feasibility study phase are as follows.

(1) Investigation of energy efficiency of utilities.
 (2) Investigation of energy efficiency of data centre.
 (3) Investigation of IT application which enable efficient hospital management.
 (4) Investigation of Indian law, regulation, government policy and possibility of prevalence.
(For preparation for demonstration project and follow up project.)
(5) Writing report

2) Activities in FY2014
Kick off meeting was held as a preparation for feasibility study. Relevant
companies were participated.
*Review scope of the project and schedule.
*Clarify task and responsibility by each company.
*Fix the concern.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る