成果報告書詳細
管理番号20150000000298
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 電気炉製鋼設備への環境対応型高効率アーク炉の適用に関する調査事業(欧州地域および周辺諸国)
公開日2015/7/25
報告書年度2014 - 2015
委託先名スティールプランテック株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約1. 欧州連合(EU)における産業公害抑制指令
欧州連合(EU)は2011年1月に大型工場から排出される公害物質を規制する指令を施行(Directive 2010/75/EU、別紙1)。また、熱投入量50MW以上の燃焼施設については、2016年までにBAT (Best Available Technology) 等の対策を適用することが義務付けられた。当該指令により欧州地域の電気炉メーカーの省エネ・環境対策が促進される。

2. 欧州諸国とトルコ)の電力料金
欧州・トルコの電力料金はアジア諸国、米国やロシアと比較して約1.5 - 5倍高く、日本とは同レベルかより高い電力料金となっている。本事業にて実証を図る環境対応型高効率アーク炉では、高い余熱効果により従来炉に比べて約30%の大幅な消費電力削減の効果がある。したがって、イタリア、ドイツ、スペイン、英国、フランス、トルコ相手国の対象として考えられる。

3. EAFの市場規模
欧州地域(含むトルコ)で稼働している電気炉は約260基であり、その大半20年以上前に建設された設備である。過去20-30年に欧州地域(含むトル)で建設された電気炉は約50基程度であり、欧州地域での更新需要は平均2基/年が見込まれる。欧州地域(含むトルコ)では電気料金が高く、環境規制も厳しいため大幅な消費電力削減と環境面への負荷低減が見込める新型電気炉導入の可能性が高い。また、実証事業後の拡販を検討すると既存設備数が多く拡販の可能性が高いイタリア、スペイン、トルコを対象国とする。
<欧州地域の電気炉数.>
国名 AC炉 DC炉 合計
1. ドイツ 39 3 42
2. イタリア 40 2 42
3. トルコ 28 2 30
4. スペイン 25 4 29
*出典: German Steel Institute 2009.12.16.
英文要約1. EU directive.
European Union enforced EU directive (Directive 2010/75/EU, Integrated pollution and control) to regulate environmental pollutant emission from large factories in January, 2011. Combustion facilities with heat input more than 50MW are required to take necessary measures such as BAT (Best Available Technology) by 2016. The directive will promote introduction of energy saving and environment improvement technologies by Electric Arc Furnace(EAF) steelmakers in European region.

2. Electricity rate of EU and Turkey
The electricity rates in European countries and Turkey are approximately 1.5 - 5 times higher than those in Asian countries, USA and Russia, and they are at the same level or higher than that in Japan. The environmentally conscious high-efficiency arc furnace (ECOARC) demonstrated in this project achieves approximately 30% reduction of energy due to its high preheating energy efficiency. Therefore, such countries as Italy, Germany, Spain, UK, France and Turkey etc. are considered to be a partner country of this project.

3. Market of EAF
The number of EAF in European countries is approximately 260 and most of these facilities have already been operating for more than 20 years since the start-up. Approximately 50 EAFs were built in the past 20 to 30 years in European region(incl. Turkey) and revamping of 2 EAFs per year in average is expected. As the electricity rate is high and the environmental regulation is strict in European region(incl. Turkey), possibility of introducing a new type EAF having features of low electricity consumption and low environmental pollutant emission is high in the region. Considering sales expansion after the demonstration project, Italy, Spain, and Turkey are nominated as a partner country because there are a lot of existing EAFs and more sales opportunities are expected in these countries.

Country Name AC Furnace DC Furnace Total
1. Germany 39 3 42
2. Italy 40 2 42
3. Turkey 28 2 30
4. Spain 25 4 29
*Source German Steel Institute 2009.12.16.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る