成果報告書詳細
管理番号20150000000449
タイトル平成26年度成果報告書 戦略策定調査事業 3R分野の技術戦略に関する検討
公開日2015/7/18
報告書年度2014 - 2014
委託先名三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
プロジェクト番号P99029
部署名環境部
和文要約NEDOでは、循環型社会の構築を目指し、リサイクルを中心とした3R 分野の技術開発を推進している。経済産業省と協力しながら、同分野における技術開発事業の企画立案やマネジメント等に資するための情報基盤として、平成16年度以来、技術戦略マップを策定し随時改訂してきた。
我が国の「インフラシステム輸出戦略」(平成25 年5 月17 日、経協インフラ戦略会議)では、具体的施策の一つとして我が国循環産業の戦略的な国際展開・育成が掲げられている。また、その実現に当たっては現地需要に即した技術の開発及び実証が重要と考えられている。特にアジアの新興国では、3Rに関連する環境規制がこれまで整備されていなかったが、廃棄物や有害物質の適正処理に関する法制度が次第に進みつつあり、環境負荷を低減しながら、有用物を安全かつ効率的に回収する技術・システムの必要性が高まっている。そのため、新たなリユース・リサイクル製品の市場を創造できる可能性が極めて高いと考えられる。今後は、これまでに我が国で蓄積されてきた高度なリサイクル技術とオペレーション能力をいかに海外で展開するかが最大の課題である。
今回、アジアの主要な新興国を対象として、社会・経済システムの変化などを踏まえながら、現地で求められる3R関連技術の内容、また日本における3R関連技術の研究開発の方向性やその時期を具体化させることを目的として、以下の調査を行った。
(1)製品・デバイス・材料別最新市場動向調査(国・地域別に廃棄物(製品・デバイス・材料)の発生量を推計)、(2)最新技術情報調査と「3R分野の技術マップ」の作成、(3)海外の3R産業分野の状況把握、(4)「3R分野の技術ロードマップ」の作成、(5)海外技術のベンチマーキング、(6)3R分野の技術導入シナリオの作成
英文要約The New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) has promoted the research and development in 3R field with a central focus of recycling. NEDO established a Strategic Technology Roadmap for the 3R field in March 2005 firstly and has periodically updated it, in cooperation with the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI), to offer an information infrastructure for the planning and the management of research projects.
A Strategy on Infrastlucture Export, which was shown in a meeting of the Ministerial Meeting on Strategy relating Infrastructure Export and Economic Cooperation at the Prime Minister's Office on 17th May, 2013, sets the strategic overseas-expansion and development of Japanese recycling enterprises, as one of concrete action plans. In implementing these action plans, the research and experimental projects for the local-base technologies will be required. Especially in Asian emerging countries, environmental regulations for the 3R field has not been built until now, however legal systems of appropriate treatment for wastes and hazardous materials has been prepared by little and little. A new technologies and systems reducing environemtanl load, which can also recycle usuful materials safely and efficiently, has been more needed. A new market of rused and recycled products, theregore, is seen as a strong posibility. The overseas expansion of recycling technologies and oeperation know-how of them, which are stored in Japan, should be the most important issue.
With a view to take a form of the lolcal-base technologies, of the trend and timing of research and development for the 3R field in Japan, this study as shown below has been run for the major Asian emerging countries in keeping with the changes of economy and environment in these countries.
(1) a study on the latest markets of final products, devices and materials by countries and/or areas, including the forecasting of generation volumes of wastes in the future, (2) a study on the latest technologies in the 3R field and updating a technology map for the 3R field, (3) a study on 3R industries, legal systems and policies abroad, (4) building a new Strategic Technology Roadmap for the 3R field, (5) a benchmark survey on foreign technologies, (6) creating a scenario for installing of technologies for the 3R field.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る