成果報告書詳細
管理番号20150000000490
タイトル平成26年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業のビジネスマッチング等の実施
公開日2015/7/17
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社矢野経済研究所
プロジェクト番号P10020
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成26年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業のビジネスマッチング等の実施

1.本年度(平成26年度)業務の実施概要
平成25年度に本事業を終了した事業者及び、平成26年度に本事業を実施中の事業者(23社)を対象に、事業成果等に関する事前調査(ヒアリング調査)を行い、ビジネスマッチング会に参加する事業者(12社)(以下、「参加事業者」という。)を決定した。
 参加事業者(12社)に対して、マッチング会に向けたコンサルティングを行うため、原則として3回訪問面談を行った。訪問面談では、事業者の事業概要やコア技術、開発製品の特徴等の把握、プレゼン資料/プレゼン方法のブラッシュアップ、マッチングターゲットの選定等を実施した。
その後、参加事業者のプレゼン内容及びプレゼン資料のブラッシュアップを行う事を目的に、「模擬プレゼン会」を東京会場(平成26年12月4日)及び大阪会場(平成26年12月11日)において行った。「模擬プレゼン会」では、企業支援の専門家や起業家など立場が異なる5名の外部アドバイザーが、参加事業者に対してプレゼン方法やプレゼン資料等につき助言を行った。
 東京会場(平成27年1月23日)と大阪会場(2月6日)において、参加事業者の技術紹介、及び個別面談を行う為、ビジネスマッチング会を開催した。ビジネスマッチング会の開催に際しては、Webサイト、DM、メルマガ、新聞広告、個別アプローチ等を通じて告知活動を行った。その結果、東京会場では77社、91名、大阪会場では45社、56名の参加があり、マッチング会場では個別面談を60件実施した。
なお、マッチング会場での個別面談以外にも、事前にアプローチした相手先企業への同行訪問等を12件行い、個別面談の実施件数は合計で72件となった。
 マッチング会実施後、1ヶ月程度経過した段階でその後の進捗状況につきフォローを行ったところ、マッチング会実施後も接点を持ち、交渉を継続している企業の件数は32件だった。この内、より具体化している案件は14件で、その内訳は販売内定が1件、サンプル・見積提出等が8件、その他可能性がありそうな案件が5件であった。

2.平成24年度ビジネスマッチングのフォローアップ
平成24年度ビジネスマッチングのフォローアップ調査では、5社の企業に対してその後進捗状況等につき、ヒアリングを行った。結果として、販売提携、共同開発、材料提供等、何らかの形で進展している企業は4社であった。
英文要約Subject: Report on the achievement of business matching and related activities implemented in fiscal 2014, addressed to the enterprises participated in the new energy technology innovation program FY2014 Final Report

1. Outline of the activities implemented in fiscal 2014
Preliminary interviews have been conducted with the enterprises (23 firms) that either have participated in the new energy technology innovation program in or before fiscal 2013, or are participating in the program in fiscal 2014, and selected 12 firms interested in business matching as the support target companies.
 Then, Yano has consulted with these companies (12 firms) by visiting and conducting face-to-face interviews, 3 times in principle, on the implementation of business matching session. Reviewed and discussed during the consultation are the overview of their business, core technologies, features of the products developed, improvement of presentation method and materials, and the selection of target enterprises for the business matching session.
Following the above, a test presentation session was held in Tokyo (December 4, 2014) and in Osaka (December 11, 2014) for improving the presentation contents and materials of the supporting companies. At the session, 5 external advisors were invited for suggestions and advices from different points of views.
 Business matching sessions were held in Tokyo (January 23, 2015) and in Osaka (February 6, 2015), for the introduction of technologies of the participants, and individual business matching meetings thereafter. The business matching session has been announced and advertised through WEB site, DM, mail-magazines, newspaper ads, and individual communications to potential businesses and enterprises. As a result, 91 persons from 77 potential partner firms have participated in the session in Tokyo, and 56 persons from 45 firms in Osaka, with 60 individual business matching meetings in total.
In addition to the meetings at the session, Yano has coordinated 12 visits to potential partner companies, and accompanied the companies for meetings, totaling in 72 individual business matching meetings.
In a follow-up survey implemented in one month after the business matching session for reviewing the progress, it was found that 32 projects are still being discussed continued from the sessions, of which 14 projects are more progressed than the others, with one case of informal sales agreement, 8 cases of sample and quotation, and other 5 cases with good possibilities.

2. Follow-up on the business matching session held in fiscal 2012
In the follow-up survey on the business matching session held in fiscal 2012, Yano has interviewed with 5 enterprises engaged in the session on the progress thereafter. It has been found that 4 enterprises have been making progresses in some way, showing continued contacts and cooperation originated in the business matching session, in sales, joint product development, material procurement and so forth.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る