成果報告書詳細
管理番号20150000000494
タイトル平成22年度-26年度成果報告書 米国ニューメキシコ州における日米スマートグリッド実証 ロスアラモス郡におけるデマンドレスポンス実証
公開日2015/7/17
報告書年度2010 - 2014
委託先名株式会社東芝 伊藤忠商事株式会社
プロジェクト番号P09023
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本報告では、米国ニューメキシコ州における日米スマートグリッド実証における、ロスアラモスサイトで行ったデマンドレスポンス(DR)実証について報告する。実証サイトは、15MWの配電用変電所から出ている配電線内に1MWの太陽光発電(PV)、1MW/6MWhのNAS®電池、0.8MW/2.3MWhの鉛蓄電池、それらを制御するμEMS(Micro Energy Management System)、およびスマートハウスから構成され、PVの変動抑制と潮流安定化をμEMSにより実現している(マイクログリッド実証)。
一方DR実証では、特定の配電線(フィーダ16)に1,700台のスマートメータを設置し、そのうち一般住宅1,600世帯のうち900世帯が参加した。この900世帯を対象にDRを発行し、節電効果を実証している。本実証は2013年度と2014年度の2年にわたって行われ、夏(7月-9月)および冬(12月-翌2月)にそれぞれDRを実施(計4回)した。そして得られた結果をもとに、上記マイクログリッドに与えるインパクト(蓄電池の容量削減効果)、需要家シミュレータによる評価を実施した。
第1章では、本実証にかかわるシステムの構築、住民へのアンケート調査、参加者募集プロセスについて述べる。第2章では、DRの電力削減効果をもとに、マイクログリッドの蓄電池容量および出力の削減効果について評価している。第3章では、Opt-in/Opt-out(詳細は後述)の違いによるDRの電力削減効果の評価と、需要家シミュレータによる各種シミュレーションを実施している。そして第4章では、第2章および第3章で実施した研究について、現地側とのワークショップ等の取り纏め業務について紹介する。
英文要約This chapter contains a report of demand response (DR) demonstration in Los Alamos, which is a part of Japan-U.S. Smart Grid Project in New Mexico. On the Los Alamos site, distribution line from 15MW Substation is connected to various facilities consists of 1MW Photovoltaic (PV), 1MW/6MWh NAS® battery, and 0.8MW/2.3MWh Lead-Acid battery. And these facilities are connected together to Smart House. From there, μEMS (Micro Energy Management System) achieves fluctuation suppression of PV as well as balancing of tie-line at interconnection point, thus demonstrating Microgrid system.
On the other hand in the DR demonstration, we have established 1,700 smart meters in a specific distribution line (feeder 16), of which 900 households were participated out of the total 1,600 common households. DR is subjected to these targeted 900 households to demonstrate power savings. This demonstration is carried out over two years from 2013 to 2014, where demand response was implemented in summer period (July to September) and in winter (from December to next February) (a total of 4 duration). Based on the results obtained, the impact of micro-grid application (capacity reduction effect of the storage battery) and consumer’s simulator will be evaluated.
In Chapter 1, demonstration system configuration, investigation of resident’s questionnaire and participant recruitment process is described. Chapter 2, based on the power reduction effect resulting from DR, the reduction effect of battery capacity and its output in micro-grid is evaluated. Chapter 3, the evaluation of the power saving effect resulting from the difference in Opt-in / Opt-out program (details below) and load simulation from consumer’s simulator is implemented. Then, in Chapter 4, we introduced the compiled work results from local workshops according to the research that was carried out in Chapter 2 and Chapter 3.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る