成果報告書詳細
管理番号20150000000503
タイトル平成26年度成果報告書 Innovation for Cool Earh Fourm(ICEF)の実施に係る運営業務
公開日2015/7/17
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社コングレ
プロジェクト番号Q10001
部署名国際部
和文要約喫緊の課題である地球温暖化問題に、経済成長との両立を実現しながら取り組むためには、「イノベーション」が鍵となる。このイノベーションを促進するための方策について、世界の産官学のリーダーが議論するための知のプラットフォームとして、いわば「エネルギー・環境技術版ダボス会議」としてInnovation for Cool Earth Forum(ICEF)を毎年開催することが安倍総理によって提案された。

これを受け、経済産業省および独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が主催し、平成26年10月8日(水)に、ホテル椿山荘東京を会場として、各国政府、企業、学識者、国際機関等、約80か国から約800名の参加者を迎え、ICEFの第1回年次総会を開催した。

第1回年次総会は、安倍総理による開会挨拶に始まり、トヨタ自動車 内山田会長による基調講演、および2つのプレナリー、7テーマのコンカレントセッション、および閉会式により構成された。

会議の運営に際して、世界の多様な意見を反映させるため、日米欧中韓、中東、アフリカ、中南米の有識者16名から構成される運営委員会を設置し、計3回の会合を開催した。

第1回年次総会議論を踏まえ、総会の最後に、世界のイノベーション加速化に向けて、(1)地球温暖化対策の緊急性とイノベーションの重要性、(2)イノベーション促進と普及、(3)ポスト2020 年の気候変動枠組み、(4)将来のアイセフの活動の4点を柱とする「ステートメント」を運営委員会が決定し、発表した。

ICEFの開催及び年間を通じた会議運営を遂行するために必要な業務の支援として弊社が「Innovation for Cool Earh Fourmの実施に係る運営業務」を受託し、これを実施した。
英文要約Innovation is the key to addressing the urgent issue of global warming while simultaneously achieving economic growth. Japanese Prime Minister Shinzo Abe proposed holding an annual Innovation for Cool Earth Forum (ICEF) to function as a kind of Davos Meeting for energy and environmental technology issues and create a knowledge platform where world leaders from the business, government and academic sectors could discuss ways of promoting such innovation.

In response to this proposal, the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) and the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) convened the inaugural annual meeting of ICEF at the Hotel Chinzanso Tokyo on Wednesday October 8, 2014. The forum was attended by approximately 800 participants from around 80 countries, including businesspeople, academic experts and representatives of governments and international organizations.

Beginning with opening remarks by Prime Minister Abe, the program comprised a keynote speech by Toyota Motor Corporation Chairman Takeshi Uchiyamada, two plenary sessions, seven concurrent sessions, and a closing plenary.

The Organizing Committee, comprising of 16 members, was established to oversee arrangements for the forum and met on three occasions. To reflect a diverse range of global opinion, the committee consisted of 16 experts from Japan, the United States, Europe, China, Korea, the Middle East, Africa, and Latin America.

At the conclusion of the inaugural annual meeting, the Organizing Committee issued a four-point statement summarizing the discussion. With a view to accelerating global innovation, the statement focused on: (1) The urgency of measures to combat global warming and the importance of innovation; (2) Promoting and encouraging the spread of innovation; (3) Post-2020 climate change frameworks; and (4) Future ICEF activities.

Congress Corporation was contracted to assist with organizing the inaugural ICEF annual meeting and undertaking other conference management work required throughout the year.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る