成果報告書詳細
管理番号20150000000569
タイトル平成25年度成果報告書 戦略的省エネルギー技術革新プログラム ZEB ・ZEH の標準化・ 評価認証制度・ビジネスモデルなど普及に向けた施策関する検討
公開日2015/7/25
報告書年度2013 - 2013
委託先名株式会社住環境計画研究所
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約 ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の研究開発については、これまで技術開発を中心とした事業や、普及開発に向けた検討が行われてきた。一方で、ZEB、ZEHの本格的な普及拡大に向けては、施策として具体化することや、ビジネスモデルなどを開発することによって、広く省エネルギー市場の活性化を図っていく必要がある。省エネルギー政策は規制措置と助成措置、市場メカニズムを活用することによる省エネルギー市場の活性化を促す措置、情報提供等に大別される。同時に各々の政策が対応する市場も異なる。また、これらの省エネルギー政策は直接市場を開拓する場合と、ビジネスモデルを誘発することにより省エネルギー投資が活性化する場合があり、これらを総合的に見直し、整備することがZEB、ZEHを実現する為には有効である。本調査は、欧米の省エネルギー政策やビジネスモデルなどの先進事例を調査することにより、ZEB、ZEHの普及拡大に資するビジネスモデルと省エネルギー市場を活性化するための省エネルギー政策を提言することを目的とする。調査により、先進的な省エネルギー政策の具体的な内容と課題、関係者との関係などを把握し、特に省エネルギー投資を誘
発し、ビジネスモデルを活性化する仕組みを明らかにし、これら取組を参考に、我が国に導入するための政策提言を行った。具体的には、欧米で実施されている省エネルギー政策の中で、我が国では導入されていない、あるいは導入されているが大きな効果を伴っていない政策に注目し、導入方法と導入する際の課題について取りまとめた。例えば、既存建物の省エネルギー投資の阻害要因を解決する方策としては、米国のオン・ビル・ファイナンス、英国のグリーン・ディールが挙げられ、これらの仕組みは、省エネルギー投資の回収に当たり、電力料金に上乗せする形で課金されることから、回収リスクを低減させる可能がある。また、オーナー、テナント問題を解消する方策としても期待されている。政策提言では、省エネルギービジネスを推進し、省エネルギー市場の開発を促す様々な要素の中から、我が国の特性に適合する方策として、1.省エネ基準強化、2.市場メカニズムの活用、3.ESCOモデルの促進、4.情報提供、5.インセンティブ付与に大別し、導入する際の諸制度について検討した。
英文要約 Regarding the research and development of Net Zero Energy Building (ZEB) and Net Zero Energy Homes (ZEH), promotion and technological development as well as widespread application of ZEB & ZEH have been focused on so far. However, to stimulate activities to boost energy efficiency business, fleshing out the details of the measures and business model concept are found
to be particularly important. Generally, energy efficiency policies are divided into several parts: mandatory policies, subsidy measures, activation of energy service markets by taking advantage of market-based mechanism, and information services. Inevitably, different policies have different markets. In addition, there are two paths to promote energy efficiency market: tapping into the market directly or triggering a business model to create actual energy efficiency market. Therefore, it is effective to take a more comprehensive look at the various policies and measures to realize ZEB & ZEH. Based on these backgrounds, this research aims to propose energy efficiency policies to activate the energy saving markets and business models that contribute to the promotion of ZEB&ZEH by examining the advanced cases of business models and energy efficiency policies in the U.S. and Europe. The information and references contained in this report will be helpful to understand the content and the researches on energy efficiency policies as well as the relationship issues, especially clarify a mechanism to encourage investments in energy efficiency and activate the business model, and thereby contributing to the policy making in Japan. Specifically, this research
discusses the issues and problems as well as the method in pursuing energy efficiency policies for Japan, of which several energy efficiency policy instruments currently in use in the U.S. and Europe, or the proposed polices that have not yet been realized effectively since applied in Japan. For instance, On Bill Finance (U.S.) or Green Deal (UK), not only can recover the capital costs through a surcharge on utility bills, thereby reducing the repayment risk, but also can offer the guidance to landlords and tenants on how to prevent and sort out tenancy problems. Furthermore, barriers of investing in energy efficiency renovation of existing buildings are expected to be solved by these schemes.
 In this report energy efficiency policy instruments are proposed, including Strengthen Building Energy Efficiency Standards, Application of Market Mechanisms, Promotion of ESCO Models, Information Services, and Incentive Programs, which can stimulate the finance scheme to make a significant contribution to shape more energy efficiency markets, and thereby contributing to the policy making in Japan.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る