成果報告書詳細
管理番号20150000000573
タイトル平成22年度-平成26年度成果報告書 「がん超早期診断・治療機器の総合研究開発 超早期高精度診断システムの研究開発:血液中のがん分子・遺伝子診断を実現するための技術・システムの研究開発 血中分子・遺伝子診断のための基礎技術の研究開発(癌マーカー細胞群の濃縮・検出・培養技術の確立とその診断応用)」 (株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズ、公立大学法人和歌山県立医科大学)
公開日2015/7/17
報告書年度2010 - 2014
委託先名株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズ 和歌山県立医科大学
プロジェクト番号P10003
部署名バイオテクノロジー医療技術部
和文要約本プロジェクトでは、血液検査による転移がんの早期発見と患者に最適ながん治療を提供することを目的として、一定量の末梢血に含まれるCTC(Circulating Tumor cell) を濃縮後に、使い捨てチップで検体間クロスコンタミネーションフリーかつサンプル全量測定可能なセルソーターにより、血液中CTC数を正確に評価し、且つ分離したCTCを用いてCTCの解析を行うことにより、CTC診断の目指した開発を行った。
その成果は次の通りで、成果の事業化について見通しを得ることができた。
1.臨床検体において、市販されている先行技術より優れた検出感度を実現
2.肺癌・乳がん患者合計約100例の臨床試験を実施
3.CTCの検出だけでなくCTCの分離を実現
4.がん患者のCTCを分離し、その僅かなCTCから遺伝子変異やタンパク質の発現解析、網羅的遺伝子変異の解析が可能であることを確認
英文要約The objective of the project is early detection of metastasis by blood test and to provide optimal cancer treatment for patients. In order to achieve this goal, we conducted the development of CTC (circulating tumor cell) diagnostic protocols by accurately counting the number of CTCs in blood and analyzing isolated CTCs using our disposable microfluidic chip-based cell sorter capable of whole-quantity measurement without sample-to-sample cross-contamination, after concentrating CTCs in peripheral blood.
The achievements are as follows, and we have obtained the outlook for the commercialization of the results:
1.We have achieved more sensitive detection of clinical specimens compared to the technologies already on the market.
2.About 100 clinical trials in total were carried out for patients with pulmonary carcinoma and breast cancer.
3.We have achieved sorting of CTCs on top of detection.
4.We have verified that fluorescence analyses of genetic mutations and protein, and analyses of exhaustive gene mutation are attainable from extremely small number of CTCs isolated from cancer patients.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る