成果報告書詳細
管理番号20150000000591
タイトル平成26年度成果報告書 「立体造形による機能的な生体組織製造技術の開発 細胞を用いた機能的な立体組織および立体臓器作製技術の研究開発 高機能足場素材とバイオ3Dプリンタを用いた再生組織・臓器の製造技術の開発」(国立研究開発法人産業技術総合研究所)
公開日2015/7/17
報告書年度2014 - 2014
委託先名国立研究開発法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P14028
部署名ロボット・機械システム部
和文要約本研究の課題
1) 完成した造形物そのものの評価尺度と評価方法の確立をおこなう。
2) バイオ3Dプリンタの最適プリント条件を探し出す評価尺度と評価手法の確立する。

本年度(平成26年度)は模倣素材による試験的造型製品を作製、入手し、試験的評価の検討を開始する。造形製品の形状を試験造形し、その評価法を検討する。

本年度の研究開発
1)模倣素材による試験的造型製品の入手
シーメットより、模倣素材であるゼラチンを微細化した造形製品の提供をうけた。
その造形品をもとに今後の評価試験法の検討をおこなう。

2)評価方法の検討
材料装置により3点曲げによる強度評価と、CTによる評価による一次評価を行う。CT装置での評価は外部の装置で行う。 

3)造形・評価形状の検討
造形形状は足場材を想定する。造形形状はラティス構造(格子構造)を想定する。このような構造には、1)立方体構造、2)アシュビー構造、3)ダイアモンド構造(格子点で4本の枝が交わる構造)、4)14面体構造を想定する。

今年度は、構造の作製に留まったが、次年度以降においては、CAEによる評価、モデル材料による作製と評価を検討する。
英文要約1) Decide the evaluation items of fabricated samples, and establish the evaluation methods.
2) Search the evaluation items to operate the 3D bio printer, and establish the best operating conditions

FY2014, fabricate the experimental parts using imitation material, and start the experiment for evaluation methods. Also, fabricating the porous lattice structure material and consider the evaluation method of bio scaffold materials

Research and development of FY2014

1) Preparing the products fabricated by imitation material
Obtained the products fabricated by gelatin powder from CMET, and considered the evaluation method.

2) Consideration of evaluation method
Evaluates the strength of products by 3 points bending method, and inner structure by CT scanner. CT scanner at outside laboratory is used this evaluations.

3) Consideration of fabricating structure, and their evaluations
Fabricating structures are scaffolds they have lattice structures. As lattice structures, 1) cubic structure, 2) ashby’s structure, 3) diamond structure, and 4) tetrekaidekahedra structure data files are prepared. Strength of the structure and other performances are evaluated using theses structure models in next FY.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る