成果報告書詳細
管理番号20150000000109
タイトル平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 普及促進事業 実証要件適合性等調査 ミャンマー・台湾におけるBEMSとESCOによる汎アジア省エネルギービルの実証要件適合性等調査
公開日2015/8/4
報告書年度2014 - 2014
委託先名アズビル株式会社 プライスウォーターハウスクーパース株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約本調査は、省エネアプリケーションを搭載したBEMSと長期に亘って省エネ効果を保証するESCOサービスによる日本流の省エネルギー対策技術をアジア全域において、広く展開させ早急な普及を目指すことを目的として行った。具体的には、過去にNEDOが国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業として実施したタイと東南アジア各国、さらにはアジア全域へ水平展開を図る仕組みとしてBEMSとESCOによる省エネルギースキームの汎アジアモデル化を目指して検討を行った。調査対象国には、NEDO国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業によって実績・データのあるタイを中間国として、経済的、省エネルギー的に先進的である台湾と、発展の途についたばかりのミャンマーを選定し、事業モデルの普及ポテンシャルおよび事業モデル構築の実現性を検討した。 調査は、現地の省エネニーズや取り組みの状況、所管省庁の体制、ファイナンススキームの有無などの基礎情報調査と実際の建物の省エネ技術の導入可能性を試算する簡易省エネ診断調査を中心に行った。簡易省エネ診断の対象建物は今後の普及性を加味し、オフィス/病院/ショッピングモール/ホテルの4つの用途のうち、効果が測りやすくニーズも高い既設ビルとした。簡易省エネ診断の結果は以下の通り。
ミャンマー:省エネへの意欲が徐々に喚起され、少しずつ取り組みが始まっている状況を確認。9件平均エネルギー削減率11.3%。
台湾:高い省エネ意欲と取り組み状況を確認。12件平均エネルギー削減率22%。 
 調査結果から、各国において高い省エネ推進の意欲は確認できたが、日本をベンチマークとして比較を行ったところ、3か国に共通する4つの課題が明らかになった。(1)省エネに対する知識不足、(2)継続的省エネのための外部サポート、(3)省エネ効果の不透明さ、(4)資金調達の難しさ、である。これらの課題に起因するバリアーが省エネしたいという意欲・動機付けを上回ると省エネが推進されなくなってしまうため、課題を解決し、ビルオーナーの不安を解消する以下の要素を持つスキームを汎アジア型省エネモデルとした。
(1) BEMSの導入:省エネ効果の不透明さの解消
(2) ESCOスキームの導入:M&V(Measurement & Verification)に基づく効果保証による効果の不透明さの解消とリース等のファイナンススキームを活用したシェアードセービングESCOによる資金調達の難しさの解消
(3) エリアマネジメントセンターの導入:省エネに関する専門知識を持たないオペレータを継続的にサポートのするためのリモートオペレーションサポートの実現
 汎アジア型省エネモデルは、基準年比の削減効果15%以上、投資回収年5年以内をターゲットとする高い競争力と、機器の更新のみに頼らず、消費エネルギーやビルの運用状況データを収集・分析し運用面からの効率改善も実現するBEMSのメニューが強い差別化要素を持つ一方で、専門的な知識を持たないビルオーナーにとってBEMSによる省エネ技術は理解しづらいことやファイナンス面でのパートナーシップが欠かせないこと、導入の対象となるための条件をクリアするビルが新興国で見つけることができるかといった課題も存在する。これらの課題を解決することでさらに各国の省エネ市場における省エネ意欲が喚起され、相乗的に成長していく可能性が高く、省エネ事業の市場ポテンシャルは非常に大きいと言える。
英文要約This project aimed at rapid deployment and penetration of Japanese energy saving technology by BEMS and ESCO across Asia. Taiwan and Myanmar were chosen for project location taken into their economic development and maturity of energy saving motivation.
 
 Basic market research on energy saving needs and initiatives in host counties, structure of controlling government departments, availability of finance scheme, and Energy saving Health Check (EHC) for energy saving simulation were conducted. Existing office buildings, hospitals, shopping malls and hotels were target of the EHC because of high visibility of effect and energy saving needs, and future penetration possibility. The result of EHC is as follows,
Myanmar: Identified the motivation to save the energy and started small initiatives little by little. Average energy saving rate: 11.3% from 9 buildings.
Taiwan: Identified strong motivation to save the energy and initiatives. Average energy saving rate: 22% from 12 buildings.

As well as high motivation to save the energy in each country, 4 common issues across 3 countries compare to Japan were identified.
 1) Limited knowledge of energy saving
 2) Needs on external support for continuous energy saving
 3) Limited clarity of energy saving effect
 4) Difficulty of financing
If the barriers caused by these issues are greater than motivations, energy saving activities is no longer promoted. Therefore, following scheme as Pan-Asia energy saving model was developed.

1) Introduction of BEMS: To increase the clarity of energy saving effect
2) Introduction of ESCO scheme: To increase the clarity of energy saving effect by effect guarantee based on M&V (Measurement & Verification), and to mitigate financing difficulty by shared saving ESCO which uses finance scheme such as leasing.
3) Introduction of Area Management Center: To realize remote operation support to continuous help to operators who have limited knowledge of energy saving expertise.

Pan-Asia model is competitive, e.g. over 15% of energy saving effect compare to baseline, and targeting at less than 5 years payback period, and strong differentiation factors of BEMS menus to realize operational improvement underpinned by energy consumption and building operation data collection and analysis. There are still issues, e.g. energy saving technology by BEMS is not easy to understand for building owners, partnership with financial institutions is indispensable, a few buildings which can meet requirements in emerging countries are anticipated. But, solving these issues can stimulate the energy saving motivation. Therefore, energy saving market in these counties is huge.

As a result, demonstration project in Taiwan will start in FY 2015. In Myanmar, dialogue with building owners is continued.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る