成果報告書詳細
管理番号20150000000145
タイトル平成26年度成果報告書 省エネルギー型住宅の先進技術動向の把握及び今後の技術課題の検討
公開日2015/8/13
報告書年度2014 - 2014
委託先名国立大学法人千葉大学 ジャパン建材株式会社
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成26年度成果報告書 省エネルギー型住宅の先進技術動向の把握及び今後の技術課題の検討

1.SDE2014出展住宅を通じた海外省エネルギー住宅の調査。SDE2014出展住宅を主な対象として先端の環境配慮住宅の情報を調査した。主な調査内容としては、大会の概要及び結果、SDE2014参加20チームの出展住宅のコンセプト、建築計画、設備技術、建材、構法等の内容を整理した。その上で、大会期間中の各チームの室内環境のモニタリングデータより、室温変動、エネルギー消費量、昼光率、CO2濃度、気密性等の状況を分析し、上述の建築技術、設備技術の導入状況を踏まえた考察を加えた。住宅は技術の組み合わせによるアッセンブルな総合技術製品であるため、建材の断熱性や蓄熱材の利用など、部分部分の性能が高いだけでは高い性能を得ることができず、住宅全体での性能のバランスやその施工が高い完成度で実現され、はじめて目指す性能を実現できる状況がモニタリングデータ等から考察された。また、断熱仕様、太陽光発電パネル等の仕様や性能、その導入の規模においても、日本が技術的に高い水準にあるとは言えない状況であることも明らかになった。2. 国内外における省エネルギー型住宅の先端的技術動向の調査。国内外の住宅関連の法令、制度及び先端技術の普及状況等について、各国の法令、制度等の調査、国内主要住宅メーカーの先端技術の導入状況、国内外の住宅関連見本市等における先端技術の調査、その他の先端的情報通信システム等に関して調査を行い、その内容を整理した。3. 今後の技術課題の検討。上述の2,3章の調査・検討内容と国内の技術動向、社会的背景を受けて、今後の住宅コンセプトの在り方、さらに省エネルギー住宅の普及促進に向けた課題点等の整理を行った。特に省エネルギー住宅の普及においては、住宅という大きな初期投資を必要とする商品に対して、追加的コストを最小限にすることが省エネルギー住宅等の普及を加速する上で必要であるとした。また、中古住宅への省エネルギー改修を促進する安価な商品群の充実と、省エネルギー住宅が市場で適正に評価され、流通するためのマーケット規模拡大の必要性について言及した。最後に前段の調査内容を受けて、省エネルギー技術、省エネルギー製品の今後の普及に向けての課題について、設備項目毎に整理を行った。
英文要約Title:Understanding Energy Efficient houses using Advanced Technology and Considerations about Future Technical Challenges FY 2014 Final Report

1. A Survey of energy efficient houses that participated in the SDE2014. This survey investigated the information of the eco friendly houses at the SDE2014 exhibit. The main contents of investigation are: competition summary and final result, the concept of twenty competing teams, architectural planning, facilities technology, building materials, construction methods, etc. Moreover, each team's monitoring data of indoor environment was analyzed regarding room temperature fluctuations, energy consumption, daylight factor, CO2 concentration, air-tightness, etc. The above mentioned data relation to building technology and facilities technology was considered. Because housing buildings are an assembly of technological products and technologies, it is impossible to get a high quality product using only some high quality parts like building Insulation or heat storage materials. According to the monitoring data, to achieve the aim performance, a high degree of construction and a balance of all house elements have to be combined. It also became obvious that Japan’s technology regarding insulation materials and efficiency of solar panel specified were not high level. 2. Study on advanced technology in energy efficient houses in Japan and overseas. The latest domestic and foreign housing laws and regulations, institutions and dissemination of technology advancement, national laws and regulations, as well as the adoption of advanced technology by major domestic housing manufacturers, the investigation of advanced technology in the domestic and international housing-related trade fairs, and leading telecommunication systems advancement was reviewed and summarized. 3. Consideration of future technical challenges. Based on the research presented on chapters 2 and 3 above mentioned, a future energy saving housing concept and the challenges for its implementation and promotion are presented. In particular, to accelerate the dissemination of energy efficient houses, it is necessary to the minimizing additional costs since it requires a high initial investment. Moreover, by lowering the costs of such product groups can expand energy saving strategies to existing homes through renovation. A market scale is also necessary in order to get a proper evaluation and circulation of energy efficient houses. At last, every energy saving technology product and strategy previously cited in this research is sorted and cataloged for further research.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る