成果報告書詳細
管理番号20150000000214
タイトル*平成26年度中間年報 風力発電等導入支援事業 環境アセスメント調査早期実施実証事業 環境アセスメント迅速化研究開発事業 (順応的管理手法の開発)
公開日2015/9/1
報告書年度2014 - 2014
委託先名国立大学法人新潟大学 国立大学法人徳島大学 国立大学法人九州大学 国立大学法人横浜国立大学 株式会社日立パワーソリューションズ 株式会社ドーコン
プロジェクト番号P14023
部署名新エネルギー部
和文要約1.風力発電施設に対する渡り鳥の衝突リスク評価と衝突リスクの基準提案
(1)鳥衝突率の精度検証
 調査対象地域として、青森県津軽半島十三湖周辺および下北半島六カ所村周辺を選定し既設風車群の立地環境について現地調査を行うとともに、ハクチョウ・ガン類を含む渡り鳥の移動経路に関する情報を収集した。

2.風力発電施設に対するウミワシ類の衝突リスク評価と衝突リスクの基準提案
(1)ウミワシ類の空間利用モデルによる衝突リスク評価と衝突リスクの基準提案
調査地である北海道北部の天塩川下流域において、オジロワシ・オオワシの生息場利用について冬期に現地調査を行った。天塩川河口の港や河口域、旧河道周辺、天塩川と支流の合流点付近で複数のオジロワシを観察した。
オジロワシの風車衝突事故が多く報告されている、苫前町にある3基の風車を冬期に視察し、風車周辺で飛翔するオジロワシの行動観察を行った。
ウミワシ類の空間利用モデルを作成する上で必要なGIS情報の検討と整備をはじめた。

3.風力発電施設周辺における数値風況診断法の解析
(1)空間解像度10m以下の詳細地形データの構築
 風車近傍の僅かな地形起伏が起源となる地形乱流(風の乱れ)の発生を数値的に再現するためには、10m以下の高解像度の標高データが不可欠である。今期は国内外に存在する標高データに関して、どのようなデータが存在するのか、またそれらの具体的なファーマットや入手方法などを調査した。また、幾つかのサンプル標高データを入手し、その変換技術等を検討するとともに、そのデータに基づいて数値風況シミュレーション用の入力データの試作を行った。

4.鳥衝突リスクの順応的管理モデルの作成と施設運用シナリオの提案
(1)既存の風力発電施設における鳥衝突リスクモデルの作成
 鳥類の空間利用パターンから、既存施設の飛翔ポテンシャル数を推定するための予備調査に着手した。環境省の鳥衝突リスク評価の手引きの記載内容については科学的に不完全であることが指摘されてきたが、その論点を整理した。
 渡りの経路と越冬中の(ねぐらと餌場の)移動経路では、方角や高度が異なることがある。その場合、どちらに配慮すべきかは、あらかじめ両方のデータを事前に採ることが望ましい。

5.順応的管理シナリオの実現性の検証
(1)順応的管理シナリオの検討
順応的管理の可能性を検討する基礎資料として、渡り時期などの鳥衝突に関する高リスクの季節を含めた風車稼働データの収集を行った。また、管理手法および事後調査の検討のため、当該地点の現地視察を実施した。

6.環境アセスメント迅速化に向けた評価システムの検証およびウミワシ類の衝突率の精度精度
(1)環境アセスメント迅速化に向けた評価システムの検証
 環境アセスメント迅速化に向けたシステム(他グループ成果)が環境アセスメントの中で実施できるか、また、有用な効果が望めるかの2点を検証するため、他のグループの調査計画を把握した。また、渡り鳥研究グループとウミワシ研究グループの研究場所を現地視察した。
英文要約(1)Evaluation of collision risk for migratory birds and proposal of a new criterion for its collision risk
To verify the accuracy of avian collision risk models, we chose Aomori prefecture as a study site and inspected the area where wind farms have already been constructed. In one of study sites, jyuusan lake, Tsugaru district, we observed that swan had a spatio-temporal variation in habitat selection on the feeding site and the roost at stopover during spring migration. Also, Argos Program for tracking swan was prepared and submitted to Argos Operations Committee. Attachment test for GPS Argos tags on captive swans were planned to assess potential attachment methods and tag performance.
(2)Evaluation of collision risk for sea eagles and proposal of a new criterion for its collision risk
In addition to observing sea eagles at downstream area of the Teshio River and coastal area of Tomamae, northern Hokkaido, Japan, we tested the usability of bownet trap for capturing sea eagle at the Teshio Harbor. We initiated organizing GIS database assemblage based on the above observation results. We also reviewed previous research in population viability analysis on sea eagles to grasp the available parameters.
(3)Numerical analysis of airflow around the wind power generation facilities
First, domestic and abroad elevation data format etc. were investigated in more detail. We got several sample altitude data and made input data for simulations by way of trial. Next, the numerical simulation by LES was executed for the wind power generation place site in Japan. Animation was made, and the wind environment of both sites was visually clarified. Finally, we investigated the weather GPV data such as GSM, MSM and LFM, and made simple analysis tool.
(4)Development of adaptive avian collision management to wind farms; developing estimation method of avian avoidance factor.
Difference in avoidance behavior between species and behavioral episode is important. We involve control algorithm in operation rate of wind turbines. If we detect the high risk conditions of avian collisions, cost-effective evaluation of operation control that reduces avian collision.
(5)Verification of feasibility of adaptive avian collision management
We collected running data of some wind farms in high risk seasons of bird strikes to develop an adaptive avian collision management. Also we inspected some wind farms to develop management procedure of wind farms operation and a post-test method.
(6)Verification of an evaluation system aiming at rapid environmental assessment and the accuracy of collision risk models for sea eagle
We checked research programs of other groups to verify efficacy of an evaluation system. Also we set 6 movie cameras to monitor sea eagle collision at Yuuhigaoka wind power station in Tomamae. We made a list on drafts of environmental impact statement to collect the estimates of collision risk of sea eagle to wind farms.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る