成果報告書詳細
管理番号20150000000333
タイトル*平成26年度中間年報 エネルギー・環境新技術先導プログラム 鉄鋼部品の設計・製造・利用を革新する高硬度ー高強度ー高靭性過共析鋼の研究開発
公開日2015/9/1
報告書年度2014 - 2014
委託先名国立大学法人大阪大学 株式会社小松製作所 山陽特殊製鋼株式会社
プロジェクト番号P14004
部署名イノベーション推進部
和文要約株式会社小松製作所、山陽特殊製鋼株式会社、国立大学法人大阪大学の登録研究員は、NEDO説明会で個別相談に必要な研究計画書等の準備を行うとともに調整をメール会議にて行った。指導に沿って、研究計画書等の修正を行い、最終書類を提出した。役割分担の確認、連携方法の確認、知的財産権等の確認を含めて研究開発実施の打ち合わせを行うためのスーパー過共析鋼開発推進委員会を実施することを合意し、その委員会の資料作りを行った。プログラムテーマに最適なFE-SEM一式の機種選定のための機種選定委員会を開催するための資料を作成した。大阪大学と山陽特殊製鋼株式会社は、研究開発に必要な鋼材のための合金設計案をメールと電話にて検討した。高硬度-高強度-高靭性過共析鋼の最適組成を目指す合金設計案では、19鋼種の案が出たが、それを基に4月以降に研究実施する鋼種を絞り込むことが合意できた。また、FE-SEM一式の機種選定については必要な機能を搭載している機種を2機種に絞り込むことができた。
英文要約Title: Research and development of hypereutectoid steels with high hardness, high strength and high toughness innovating in design, manufacture and use of steel components (FY2014-FY2015) FY2014 Annual Report

The registered researchers of Komatsu Ltd, Sanyo Special Steel Co., Lid and Osaka University prepared the applications of the schemes of researches and so on necessary for the advice in the explanatory meeting held by NEDO on 3rd in March. They attended the explanatory meeting by NEDO, then they revised the applications according to advices, and presented them to NEDO. We agreed to hold the promotion committee for development of super-hypereutectoid steels in 8th in April for the confirmation of role-sharing, cooperation, coordination, intellectual property right and so on, and made their materials for the committee. We also prepared the materials for the model selection committee for selection of Best set of FE-SEM system which will be held in Osaka University in 6th, April. The registered researchers of Sanyo Special Steel Co., Lid and Osaka University discussed the draft plan for super-hypereutectoid steels with high hardness, high strength and high toughness through the e-mails and phones.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る