成果報告書詳細
管理番号20150000000337
タイトル*平成26年度中間年報 エネルギー・環境新技術先導プログラム 再生可能エネルギー大量導入時代の系統安定化対応先進ガスタービン発電設備の研究開発
公開日2015/9/1
報告書年度2014 - 2014
委託先名一般財団法人電力中央研究所 独立行政法人産業技術総合研究所 三菱重工業株式会社 三菱日立パワーシステムズ株式会社 株式会社IHI 川崎重工業株式会社 株式会社東芝
プロジェクト番号P14004
部署名イノベーション推進部
和文要約本テーマでは、再生可能エネルギー大量導入時代に向けた系統安定化対応型先進ガスタービン発電設備に関する技術開発の国家プロジェクト立ち上げを目指して、将来のガスタービン発電設備の負荷変動追従性を高めるために必要となる基盤技術や解決すべき課題について先導的に研究を行い、開発課題を明確化することを目的としている。平成26年度の実施内容は以下の通りである。
(1) 急速負荷変動のガスタービンプラントへの影響検討・評価
(2) 負荷変動を吸収するもしくは負荷変動に対するマージンを拡大する技術
(3) 負荷変動に急速に追従する技術、急速起動を可能にする技術
(4) 負荷変動を予測して発電量を変化させる技術
手法に関して、それらを実現するために必要な技術の調査内容の検討を進めた。
(5) 過渡応答、繰り返し負荷による材料劣化への対応技術
(6) 全体研究開発推進のための検討
英文要約Title: Research and Development of Advanced Gas Turbine for Firming Grid in Renewable Energy Age (FY2014-FY2015) FY2014 Annual Report

The purpose of this theme is to clarify the targets in next national project to research and develop advanced gas turbine for firming grid in the age when a large amount of renewable energy is introduced.
Therefore we research and investigate basic technologies and problems to improve flexibility of gas turbine system in this theme. In FY2014, calculation conditions and investigation contents about the following items were considered. In addition, to establish the research and development committee for this study, its system and agreement were discussed.
(a)Analysis of rapid load change effect on gas turbine plant (b)Technology of absorbing load change and enlarging margin for load change (c)Technology of following rapid load change and enabling rapid startup (d)Technology of power generation change by predicting load (e)Technology to prevent material degradation resulting from thermally transient response and cyclic stresses
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る