成果報告書詳細
管理番号20150000000338
タイトル*平成26年度中間年報 エネルギー・環境新技術先導プログラム 超高温領域未利用エネルギー貯蔵技術の研究開発
公開日2015/9/1
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社四国総合研究所 学校法人玉川学園玉川大学
プロジェクト番号P14004
部署名イノベーション推進部
和文要約蓄熱システムの中核である蓄熱槽を構成する主要な機器である、蓄熱容器、入出熱用熱交換器、断熱装置について、詳細検討を実施した。蓄熱容器に求められる条件である高温強度を有すること、熱伝導率が大きいこと、金属材料に浸食されないことを満たす炭化ケイ素系セラミックスを選択した。蓄熱容器の大きさは、製造メーカが当面製造できる最大とし、金属酸化防止およびレーザ入熱の際の受光板の役目を果たす内蓋が金属の膨張・収縮に応じて移動できるようにした。入出熱用熱交換器は金属性スパイラル管とし、精密加工が可能で熱伝導率の小さな高温用断熱材を選択した。玉川大学における研究グループを作り、蓄熱用金属材料の物性に関する測定およびシミュレーションプログラムの検討を開始した。蓄熱用金属材料の物性を測定するために示差熱・熱重量同時測定熱分析装置の購入手続きを行った。容器内での融解および凝固に関するシミュレーションプログラムの作成を開始した。
英文要約Title : Leading Reserch Projects for New Technology of Energy and Environmental Improvement/ Reserch and Development Project for Storage and Recycling Technology of High Temperature Unused Thermal Energy (FY2014-FY2015) FY2014 Annual Report

We studied a storage system which is used for the storage of high-temperature thermal energy.
The most important component of this system is the thermal storage tank. The thermal storage tank consists of three main parts: namely, a ceramic container that is placed in the center of the thermal storage tank and filled with molten metallic material; a heat exchanger that is attached to the outside surface of the ceramic container; and a thermal insulation material that is placed outside of the ceramic container and the heat exchanger. We studied the technical specifications of these three main parts of the thermal storage tank.
We have started investigating latent-heat storage materials. As the latent-heat storage materials, we focused on metals. To evaluate their performances as the latent-heat storage materials, we measured their thermo-physical properties by using DTG (differential thermos-gravimetry).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る