成果報告書詳細
管理番号20150000000360
タイトル平成26年度成果報告書 ディスプレイ分野の技術ロードマップの策定に関する検討および市場・技術開発動向等に関する調査
公開日2015/9/1
報告書年度2014 - 2014
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号Q10003
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約本事業では、2020年、2030年に予測される社会や、ディスプレイ関連技術の状況を想定し、今後日本として取り組むべきディスプレイ分野の技術について検討を行った。産学官の有識者によって構成される委員会を設置し、2020年、2030年の社会におけるディスプレイに係るアプリケーションやプロダクトを想定し、その技術に到達するまでの技術ロードマップ(バックキャスト型ロードマップ)を新たに策定した。技術ロードマップにおいては「フレキシブル透明ディスプレイ」、「インタラクティブ・ディスプレイ」、「現実拡張のための物理制御」の3つのカテゴリについて検討した。
また、ディスプレイに関する各国の規格や標準化の状況について、最新の情報のもとに整理を行った。さらには、中小型有機ELディスプレイ、中小型有機フレキシブルディスプレイにフォーカスし、市場、技術開発、生産技術、材料開発、関連各社の状況、公的支援、アプリケーション毎の性能の視点から動向調査を行った。
英文要約In this project, it is assumed the status of the 2020 and 2030 future society and display-related technology, was examined technology of display areas to be addressed as Japan in the future. By industry, academia, and government experts to set up a committee composed, it is assumed the display in the society of 2020 and 2030, it was technology roadmap to reach its technology (back cast type roadmap) to newly formulated. In the technology roadmap were examined for the three categories of "Flexible and transparent display", "Interactive Display", and "physical control for the real expansion".
Also, about the situation of the countries of standards and standardization on display, it was organized on the basis of the latest information.
In addition, small and medium-sized organic EL display, and a focus on small and medium-sized organic flexible display, market, technology development, production technology, material development, related companies of circumstances, public support, and the trend survey from the point of view of the performance of each application.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る