成果報告書詳細
管理番号20150000000448
タイトル平成26年度成果報告書 次世代航空機システムに関する技術動向調査
公開日2015/8/22
報告書年度2014 - 2014
委託先名一般社団法人日本航空宇宙工業会
プロジェクト番号P09018
部署名ロボット・機械システム部
和文要約件名:平成26年度 「次世代航空機システムに関する技術動向調査」

20年後の2033年には、旅客輸送量は現在の2.6 倍の15.0 兆人キロメートルとなり、運航機材は1.9 倍の36,769機に増加すると予測され、航空機産業はまさに成長市場である。航空機産業への参入に際して、極めて高い安全性要求からの独特の制度と特徴的な生産体制や取引態様を背景として「新規参入及び参入強化タイミングの希少性」という参入障壁が形成されている。世界市場は成長しているものの、環境問題への対応や他国企業との競争の中で勝ち残るためには、我が国の強みを生かしつつ、参画する事業範囲の拡大の取組を強化することが求められ、これまで実績が限定されていた装備品は、事業範囲の拡大の可能性は大きい。そしてその拡大には機体・装備品OEMやエアラインにとって魅力のある装備品の開発や、装備品の電動化等の趨勢を捉え、一歩先を行くための技術開発が重要であり、市場投入のため安全性認証に係る国際水準の体制整備並びに実証試験インフラの整備を着実かつ計画的に進める必要がある。よって本報告では、装備品会社の新規参入及び参入強化のための「装備品を核とした産業活性化シナリオ」として、(1)将来我が国が目指すべき航空機産業の方向・戦略、(2)装備品技術開発関連戦略、(3)装備品技術以外について、を纏めた。(1)将来我が国が目指すべき航空機産業の方向・戦略;1航空機・機体;我が国の航空機産業を、基幹産業として発展させるためには、完成機事業を通じた成長戦略が重要である。まずリージョナルジェット機市場において、MRJ事業を通じて全機開発・製造分野のみでなく、販売、販売金融、アフターサービス(補用品ビジネスやMRO)や周辺ビジネス分野に取り組み、完成機事業が抱える課題を着実に克服する。次にMRJ事業で得た知見・経験を基に、将来的に、次世代完成機事業に向け着実に実績を積み上げることが重要である。2装備品;装備品は航空機産業の中でも重要な存在であるが、日本企業の実力は海外と比べて非常に低い。そのため、将来航空機の開発に向けて、我が国装備品企業がシステムサプライヤになるための能力向上を図る必要がある。「航空機・機体戦略」に基づいた装備品の技術力向上、実績の蓄積が重要であり、海外有力装備品企業との共同開発などからスタートし、着実に実績を積み上げることが重要となる。3エンジン:次世代エンジンに向けては、要素技術の高度化を、また次々世代エンジン開発に向けては、ハイブリッド推進、全電動化等 推進システムの大幅な技術革新を見据えた先行技術開発に着手することが重要である。(2)装備品技術開発関連戦略;将来航空機には、安全性向上、経済性向上及び環境負荷低減が求められており、これを実現するために、「装備品システム電気化」、「次世代航空交通管理システム」への対応が急務である。その際、「航空機・機体戦略」のステップに基づいた重要技術課題の抽出、優先順位の決定により具体的な開発事業につなげることが重要である。(3)装備品技術以外について;1認証制度の実態と課題;認証プロセスにおいては多大な経費と時間がかかっており、認証を取得しようとする企業への援助を検討する必要がある。また欧米と同等に規定体系を充実させて認証のガイドラインを周知することが望まれる。2市場拡大の課題;装備品の市場を拡大するためには、技術開発以外にも、コスト競争力の強化、技術開発支援体制、Global能力の強化などについて検討する必要がある。3技術開発及び実証試験インフラの整備;我が国において完成機事業を継続的に成立させるために整備すべき技術開発及び実証試験インフラの現状を幅広く調査し、今後、公的機関が整備する必要がある候補設備を抽出した。また、今後、設備選択に際して参考となる公的機関が保有すべき判断基準(クライテリア)を一案作成した。
英文要約Title: Information Collection Project// Survey concerning about the technological trend for a next-generation airplane(FY2014)

It will be expected in 2033 after '20 that passenger traffic will be currently 2.6 times the 15.0 trillion people km and operating airplane will increase to 1.9 times the 36,769, so aircraft industry is just growing market. Although the world market is growing, in order to respond environmental issues and survive in competition with other countries companies,it is required to strengthen the efforts of the expansion of the business scope while taking advantage of Japan's strengths. Equipment which results has been limited so far, the possibility of expanding business scope is large.For its expansion, the development of equipment that are attractive for the aircraft/equipment OEM and airline, and technological development to go one step ahead which captures the trend of electricity, etc. of equipment are important. And there is a need to promote the system development of international standards relating to safety certification for the market and the development of demonstration test infrastructure steadily and the planned.Thus, this report summarizes (1)- (3), as "Industrial activation scenario while equipment is the core" for new entrants and entrants strengthening of equipment company.(1)The direction and strategy of aircraft industry aiming in the future; a)aircrcraft/structure; At first, in the market of a regional jet aircraft,through the MRJ business, we work on ,not only aircraft development and manufacturing field, but also,the field of sale, sale finance, after-sale service (spare parts business and MRO, etc.) and surrounding business field,and we overcome the problems of the MRJ business steadily. Next stage,It's important to pile results up based on the knowledge and the experience we got on MRJ business.b)Equipment; Japanese company of Equipment has to plan for the development of ability to become a system supplier for development of an airplane in the future. Technical power improvement of Equipment and accumulation of results based on "aircraft/structure" are important and start from joint development with an overseas strong enterprise of Equipment, and it becomes important to pile results up steadily.c)Engine; For next-generation Engine, It is important to start on the advancement of element technology of Propulsion system. For next-next-generation Engine,It is important to start on the precedence technical development that stared at substantial technological renovation of Propulsion system.(2) Equipment technology development-related strategy; Improved safety, cost performance improvement and environmental load reduction will be asked from an airplane in the future, and correspondence to "More electrical Equipment " and "next generation Air traffic management system" is urgent business to achieve this.(3)Others of equipment technology;a) Current situation and challenges regarding certification system; Japanese companies spend significant cost and time during certification process. Public support to companies trying to be certified is desirable. Guidelines for certification process is desirable to be informed by enhancing a set of regulations like as in Europe and the United States.b) Challenge of market expansion; It's also necessary to consider reinforcement of cost competitiveness and reinforcement of a technical development support system and the Global ability besides the technical development to expand a market of Equipment.c)Development of technology development and demonstration test infrastructure: We investigated R&D and verification test facilities necessary to develop civil aviation aircrafts widely, and extracted the candidate of the R&D and verification test facilities which a public agency should hold.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る