成果報告書詳細
管理番号20150000000540
タイトル平成26年度成果報告書 希少金属代替材料開発プロジェクト 希少金属代替材料開発等の最新動向に関する検討
公開日2015/9/1
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ
プロジェクト番号P08023
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約平成26年度成果報告書 希少金属代替材料開発プロジェクト 希少金属代替材料開発等の最新動向に関する検討

1.検討の目的
 本検討では、レアメタル(レアアース17元素を含む)等の供給リスクに関する定量的な評価手法と評価データを更新して最新の評価を実施し、それらを基に、今後、特に注視すべき元素(選定元素)を抽出して、供給リスク低減に関する検討を行った。
2.成果の概要
 本検討では、経済産業省で特定したレアメタル31鉱種、グラファイト、フッ素(蛍石)等のレアメタル31鉱種では特定されていないが特定国に供給を依存している元素、並びに、銅、亜鉛、鉛、スズ等の将来需給が逼迫する可能性がある非鉄金属元素など平成24年度の調査対象と同じ元素※45元素を検討対象として、最新の需給動向から元素のリスク評価を行った。
※Li, Be, B, C, F, Ti, V, Cr, Mn, Co, Ni, Cu, Zn, Ga, Ge, Se, Rb, Sr, Y, Zr, Nb, Mo, Rh, Pd, In, Sn, Sb, Te, Cs, Ba, La, Ce, Nd, Sm, Eu, Tb, Dy, Hf, Ta, W, Re, Pt, Tl, Pb, Bi
 リスク評価結果に基づき、検討委員会の場で優先的に詳細検討すべき元素を抽出した。
 詳細検討対象は、リスク評価点が高い元素から本年度に実施した中長期戦略検討の対象元素(希土類、タングステン)を除いた上で、特に注視すべき元素として、天然黒鉛(C)、フッ素(F)、コバルト(Co)、ニッケル(Ni)、インジウム(In)、スズ(Sn)、アンチモン(Sb)並びに白金族(PGM)の8件を選定した。
 詳細検討では、元素調達から製品製造に至るマテリアルフロー解析から将来の供給懸念、需要増が日本の基幹産業に与える影響を評価した上で、レアメタル低減・代替、リサイクル技術に関する最新の技術開発動向などについても取り纏めた。
3.リスク評価手法の更新及び詳細調査の項目
 先ず、平成25年度と同一の項目、同一手法で45元素についてリスク評価を行い、基礎データ及び評価結果を更新した。評価データとして、昨年度に鉱石の単価を使用していた場合は地金又は金属純分換算の単価に変更した。
 評価及びその内容の検討結果から、今後のリスク増大が懸念されるなど、NEDOが優先的に研究開発に取り組むべき8元素を抽出した。
 主な検討項目は次のとおりである。
・マテリアルフロー解析から、リスク増大の原因、産業界への影響を検討した。
・世界埋蔵量・生産量、国内輸入状況、用途別国内需要、国内価格に関する最新データ、需要の将来予測に関する情報を収集した。
・ここ数年の需要推移から将来需要を予測して、供給懸念、需要増が日本の基幹産業に与える影響を検討した。
・希少金属の使用量低減と代替材料開発に関する技術、並びにリサイクル技術の研究開発動向についての情報を更新した。
4.委託期間及び委員会
 期間: 平成26年12月から平成27年3月
 大学、研究機関、学協会、民間企業等の9名の有識者から構成される検討委員会(委員長 中村 崇 東北大学教授)を設置して、計3回を2015(平成27)年2月、3月に開催した。
5.むすび
 リスク評価結果に基づき優先的に詳細検討すべき元素を抽出した。詳細検討により、我が国の基幹産業が供給リスクを抱える原料に依存している様子が明確になった。
 技術の変遷により市場は変貌し研究開発を企画する上での条件設定も変化がある。そのため、本報告は、NEDOのこれまでのリスク調査研究に基づき、最新の検討結果を示した。
英文要約Title : Study of Latest Trends Related to Rare Metal Substitute Materials Development - Fiscal 2014 Final Report

1. Objective of Study
In this survey, risk assessment of rare metals (including the 17 rare earth elements) was carried out to quantitatively assess the effects of variations in supply risk, and basic data and assessment findings were updated.Based on the findings of the assessment, the selected elements deemed to require special attention were identified and selected for prioritized research based on fears of increased risk in the future.
2. Overview of Findings
In this survey, risk assessment was carried out for 45 elements* based on the latest supply-demand trends. These were the same elements that were covered in the fiscal 2012 survey. Although they do not directly correspond to the 31 rare metal minerals specified by the Ministry of Economy, Trade and Industry that include graphite and fluorine (fluorspar), they are elements for which supply relies on specific countries as well as non-ferrous metal elements such as copper, zinc, lead, and tin for which there is potential for supply-demand to become tight in the future.
* Li, Be, B, C, F, Ti, V, Cr, Mn, Co, Ni, Cu, Zn, GA, Ge, Se, Rb, Sr, Y, Zr, Nb, Mo, Rh, Pd, In, Sn, Sb, Te, Cs, Ba, La, Ce, Nd, Sm, Eu, Tb, Dy, Hf, Ta, W, Re, Pt, Tl, Pb, Bi
Based on the findings of the risk assessment, the forum of a study committee was utilized to extract the elements for which detailed survey should be prioritized.
The detailed survey focused on eight elements, including natural graphite, F, Co, Ni, In, Sn, Sb and PGM.
The detailed survey assessed supply fears throughout the material flow, and besides assessing the effects of demand increases on Japan's key industries, the latest technology development trends related to rare metal reduction/substitution, and recycling technologies were also summarized.
3. Risk Assessment Methodology Update and Detailed Survey
The main areas of study are as follows.
・Material flow study: Causes of increased risk, effects on industry, etc.
・Assessment of effects of supply concerns and demand increases on Japan's key industries: Global reserves and production, Japanese import situation, Japanese demand by application, past trends in Japanese prices and demand, demand forecasts.
・Development efforts: Investigate research and development trends for reduced usage of rare metals, substitute material development, and recycling technologies.
4. Contract Period and Study Committee
Period of study: December 2014 to March 2015.
Study Committee (Chairman: Professor Takashi Nakamura, Tohoku University): A study committee consisting of nine experts from universities, research institutes, academic societies, and private sector companies was established. The committee convened three times in February and March 2015.
5. Conclusion
Based on the findings of the risk assessment, we have extracted the elements for which detailed survey should be prioritized.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る