成果報告書詳細
管理番号20150000000583
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 パワーエレクトロニクスの市場動向及び技術開発動向等に関する検討
公開日2015/8/4
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P10022
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約件名:平成26-27年度成果報告書 「パワーエレクトロニクスの市場動向及び技術開発動向等に関する検討」

パワエレ産業の世界及び地域別市場動向を製品別、アプリケーション別、材料別に明らかにし、関連各社について生産額・シェア・拠点分布・事業展開の観点から動向を整理した。また関連各社・機関の技術開発動向について、主要テーマ、開発状況、アライアンス動向と今後の見通しを明らかにし、米・欧・アジア諸国の公的支援、国際標準化動向を整理した。
上記調査結果を踏まえ技術ロードマップを策定するために、産学官有識者からなる検討委員会とその下部組織としてワーキンググループを組織した。ワーキンググループは、各分野別に、鉄道車両への適用検討ワーキンググループ、道路交通への適用検討ワーキンググループ、電力安定化への適用検討ワーキンググループ、産業への適用検討ワーキンググループを組織した。
ワーキンググループでは、パワエレ適用のニーズ、もしくはすでにパワーデバイスが適用されている場合その高度化のニーズを整理し、次世代インバータのアプリケーションの定義と要求性能、およびそこからバックキャストして必要とされるパワーデバイスへの要求性能を明らかにした。またその研究開発のマイルストーンを時系列断面で示し、技術ロードマップ案を作成した。
産業への適用検討ワーキンググループについては、有識者の検討結果を受けてロードマップの対象範囲を絞り込んだ。
産学官有識者からなる検討委員会では、別途実施した海外調査を含む各種調査結果を踏まえ、各ワーキンググループの検討結果を審議し各分野の技術ロードマップを確定した。
英文要約Title:Investigation for Market and Technical trend of Power Electronics (FY2014-FY2015) Final Report

We clarified the global and local market trends in power electronics industry in terms of product, application and material and sorted out the movements of related companies from the standpoints of production value, share, office locations and business development. We also gave an account of the main theme, development status, alliance and future outlook of technological development by related companies and organizations, and organized the public assistance and international standardization trends in the U.S., Europe and Asian countries.
In order to develop a technology road map in light of the results of the above research, a study committee consisted of experts in industry, academia and government and working groups as subordinate bodies of the committee have been set up. The following working groups were organized by sector: Working group to study applications for railway vehicles; working group to study applications for road traffic; working group to study applications for electric power stabilization; and working group to study industrial applications.
The working groups organized the need of power electronics application or the need for advanced power electronics for the case when a power device has already been used, and clarified the definition and performance requirements of next-generation inverter applications and the requirements for the power device that was deemed necessary through a back casting exercise. In addition, the R&D milestones were shown on a time-sequence diagram and the proposed technology road map was created.
In the working group to study industrial application, the intended scope of the road map was identified based on the study results by the experts.
In accordance with the results of the studies including separately-conducted overseas research, the Study Committee composed of industrial, academic and government experts examined the study results of each working group and finalized the technology road map for each sector.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る