成果報告書詳細
管理番号20150000000578
タイトル平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 タジキスタン、ウズベキスタンにおける熱供給所の流動層ボイラー導入プロジェクト案件発掘調査
公開日2015/10/2
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約中央アジアにおいて、我が国の先端的な技術により省エネルギーを推進することにより、中央アジア及び日本における民間企業のビジネス促進に貢献することを目的とする。NEDOは、我が国の技術が中央アジアの発展に貢献し、将来に向けて中央アジアと日本の関係を促進することを目指している。
タジキスタンの一次エネルギー生産量の大半は水力である。電源別発電構成でみても、水力が98%を占める。ただし、冬場は暖房需要が増加する一方、水力の出力が大幅に低下することもあり、石炭ボイラ等の熱供給ニーズは、都市部を中心に今後高まることが予想される。タジキスタンの石炭可採埋蔵量として4億トンという数字があるが、近年の生産量は20万トン程度で推移しており、将来的な資源開発の余地は大きい。ドゥシャンベ市内では、西部熱供給所が以下の理由によりもっとも有力視される。(1)施設の老朽化、(2)石炭化方針の決定、(3)石炭ボイラー試験導入が不成功、(4)今後の改修計画が未決定。地方都市では、タジキスタン政府の意向としてチカロフスクへの協力が期待されている。パイプライン補修等の整備はタジキスタン自ら実施するとの意思表示がある。
ウズベキスタンは豊富な鉱物、エネルギー資源を抱える資源大国である。その多くを天然ガスが占める。石炭高効率利用を狙う本調査では、現地調査において石炭焚き熱供給所の更新、および天然ガス焚き熱供給所の石炭への変換の可能性についての調査を実施した。ウズベキスタンの石炭可採埋蔵量は19億トン、その内、褐炭が18.5億と可採埋蔵量の95%を占めている。露天掘りのアングレン炭田と坑内掘りのシャルグン炭田、バイスン炭田の3箇所が中心である。石炭調達の観点から、これらの地域に近接する熱供給所が有望である。ボイラサイズが5t/hあるいは5Gcal/h以上の対象案件のうち、導入年、石炭設備の有無、導管インフラの有無、石炭調達などの観点から優先順位は、コカンド、グリスタン、クバサイ等が有望である。
技術方式としては、燃料の融通性が高いことからバブリング流動層の方が望ましい。バブリング流動層ボイラーは能力の割に大型となるものの、燃料石炭の品質が悪くても対応可能で、比較的運転が容易なボイラーである。また、廃タイヤ等の廃棄物も利用可能である等、燃料の融通性が高い。CO2排出削減量を推計したところ、タジキスタンのドゥシャンベ西部熱供給所で15.7t-CO2/h、ウズベキスタンのコカンド熱供給所で16t-CO2/hであった。援助スキームの候補は、無償資金協力事業、円借款、NEDOモデル事業である。
英文要約The objective of this study is to develop proposals for improving the energy efficiency of Central Asia to facilitate future private sector business activities of each of our countries. NEDO believes that Japanese technologies can make a significant contribution to the development of Central Asia. To this end, NEDO will contribute to strive to further strengthen the cooperative relationship between Central Asia and Japan.
The majority of primary energy supply is hydroelectric. The demand for heat in winter season increases, on the other hand the hydroelectric power supply decreases, therefore the needs for coal boilers becomes higher, especially in urban areas. The majority of primary energy supply is hydroelectric. The demand for heat in winter season increases, on the other hand the hydroelectric power supply decreases, therefore the needs for coal boilers becomes higher, especially in urban areas. West Heat Plant is the most promising in Dushanbe. (1)Aging, (2)Policy of coal promoting, (3)uncertain technology (4)not decided renovation plan. Tajikistan government hopes cooperation for Chkalovsk Plant whose heat pipelines will be renovated by Tajikistan side.
There are abundant of natural resources in Uzbekistan. The majority of primary energy supply is natural gas. The main theme of this study is coal fired boilers. The possibility of coal boilers installation, conversion from natural gas to coal are analyzed in this study. The possible reserve of coal in Uzbekistan is 1.9 billion tons, in which the low quality ‘brown coal’ occupies 95%. Typical coal mines are Angren, Shargun and Baisun. The heat plants which can access easily to these mines are promising to be installed. The priority of promising plants are Kokand, Guliston, Kuvasay, etc. whose capacity are over 5t/h or 5Gcal/h and district heat use,
The fluidized bed technology is desirable from the point of flexibility of fuel. The size of fluid bed tends to be large in spite of the ability, on the other hand it’s adaptable to low quality coal and waste fuel, and easy to handle. The CO2 reductions are calculated 15.7t-CO2/h in Dushanbe West of Tajikistan, 16t-CO2t-CO2/h in Kokand of Uzbekistan. There are some Assistance schemes of Japan such as grand aid, ODA loan and NEDO model project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る