成果報告書詳細
管理番号20150000000723
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 インドネシアにおける褐炭利用促進手法の提言に向けた山元発電と改質プロセスの統合による高効率化プロジェクト案件発掘調査
公開日2015/10/2
報告書年度2014 - 2015
委託先名宇部興産株式会社 川崎重工業株式会社 月島機械株式会社 丸紅株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約インドネシアにおける亜瀝青炭の生産量は2015-18年にピークアウトし、褐炭の生産比率が拡大するものと予測される。インドネシア国内の石炭需要は、瀝青炭から亜瀝青炭への転換が進んでいるが、今後は亜瀝青炭から褐炭への転換が加速すると考えられている。褐炭の利用促進に向けて、褐炭山元発電と褐炭改質の導入が各々独立して検討されているが、技術的な課題(発電効率・稼働率、改質炭の品質など)と事業リスク(政策、収益性、石炭市況など)が障壁となり普及には至っていないのが現状で、CO2排出量の増大を抑制する信頼性が高い技術の普及が望まれている。一方、日本はインドネシアより年間約3,000万トンの亜瀝青炭を輸入しており、亜瀝青炭に代わる燃料の確保はエネルギーセキュリティー上からも喫緊の課題である。
本調査は、インドネシア政府が推進する褐炭山元発電と褐炭改質をプロセス統合して褐炭の高効率利用プロセスを構築し、褐炭炭鉱を本事業のメインプレイヤーとして、日本側は差別化技術を武器に有利な条件での褐炭炭鉱権益の確保や事業参画を行うことを想定し、改質炭を日本市場に安定供給し、エネルギーセキュリティーに貢献すると共に、プラント輸出の観点からはプロセス統合による差別化により輸出競争力を高めることを目的とした。
インドネシア国内の2つの褐炭炭鉱を想定し、炭鉱ならびにプラントサイトを調査し、設備設計の諸条件を設定、対象炭のひとつを使用してプロセス最適化及びユニット設計に必要な要素試験(破砕試験、STD乾燥試験、STD乾燥炭の乾燥粉砕試験、STD乾燥炭の燃焼試験、成型試験)を実施した。これらの試験結果を基にプロセス設計を行い、統合プロセスの最適化を図った。
モデルケースとして1系列あたりの発電能力を150MW、改質炭生産能力は年間50万トンに設定し、各ユニットの概念設計を実施し、EPC及びプラント運用・運転基本計画を策定し、本統合事業の経済性評価を行った。その結果、発電単独事業については、インドネシア政府(エネルギー鉱物資源省)が規定する褐炭価格フォーミュラを適用した場合についても一定レベルの事業性が確保できること、褐炭価格を採炭コストと想定すれば、更に事業性が向上(IRRで1-2ポイント程度)することが分かった。一方、発電・改質統合事業に対しても、発電単独事業に対する優位性(IRRの改善効果)が確認できた。すなわち、褐炭価格を比較的割高な山元発電向けの政府価格フォーミュラで設定した場合においても発電単独事業と同等の事業性が確保できること、採炭コストを前提とした場合ではIRRで1ポイント程度の改善が見込まれることが分かった。なお、本発電・改質統合設備1系列あたりのCO2削減効果は年間約23.5万tと試算された。
引き続き、原炭価格制度の適正化や税制等に関する政府機関への働き掛けやファイナンススキーム構築に向けた課題解決等、事業化に向けた取組みを継続する予定である。
英文要約It is projected that production of sub-bituminous will be peaked out during 2015-2018 and production ratio for lignite will increase in Indonesia. Accordingly shift from sub-bituminous to lignite will be accelerated year by year. It is recognized that technical issues, low business viability and higher CO2 emission issue would be impediments for promotion of lignite utilization. From viewpoint of energy security in Japan as well it could be critical for us to ensure alternative source for sub-bituminous.
This investigation is intended to establish business model to integrate lignite mine-mouth power plant and lignite upgrading and to acquire equity of lignite mine for contribution to energy security in Japan and to accelerate our plant export business. We have conducted mine site survey, design condition setting for the integrated plant and unit operation tests necessary for process optimization for a lignite mine in south Sumatra.
We have assumed this integrated plant configuration with capacity for 150MW of power plant and 0.5 million tons/year of upgraded lignite and calculated EPC cost and operation cost based on plant operation base plan and result of the unit operation tests, and eventually calculated IRR of this business model for 2 cases. (Step1: stand-alone mine-mouth power plant, Step2: integration of mine-mouth power plant and lignite upgrading)
According to a result of IRR calculation, we can expect certain level of business viability (IRR) for Step1 even based on ESDM (Kementerian Energi dan Sumber Daya Mineral) price formula and improve IRR by 1-2 points in case of cash cost basis. We have also recognized that IRR of Step2 could be better than Step1 under some conditions. We have also calculated reduction of CO2 emissions by about 0.235 million tons/year with introduction of this integrated plant.
Based on a result of this investigation, we would like to keep undertaking lobbying activities to the relevant authorities for raw coal price issue and tax incentives and solution for the optimal finance scheme and so on in order to promote commercialization of this business model.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る