成果報告書詳細
管理番号20150000000180
タイトル平成26年度成果報告書 ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト クリーン・コール・テクノロジー実用化可能性調査 低品位炭利用促進事業可能性に関する検討 原料炭・製品価格に関する検討
公開日2015/10/24
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P10016
部署名環境部
和文要約平成26年度成果報告書 ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト クリーン・コール・テクノロジー実用化可能性調査 低品位炭利用促進事業可能性に関する検討 原料炭価格・製品価格に関する検討
地域遍在性が高く、価格のボラティリティ-も高い原油や天然ガスと比較して、低品位炭は安価に生産可能であり、かつ供給ポテンシャルも豊富にある。こうした背景から、低品位炭の改質や乾燥技術が開発されてきたが、十分に価格競争力を持つビジネスモデルを構築できていなかったため、商用化には至っていない。
平成24年、平成25年に行った調査では、過去の研究開発を客観的に検証し、今後想定されるビジネスモデルを検証した。この結果、過去の研究開発においては、原炭の調達価格を安く、最終製品の価格を高く設定する傾向が見受けられ、これが商用化を阻む最大の要因であることが特定された。このことから、実施主体とは別の主体によって、客観的なコスト目標設定と、ビジネスモデルの検証が重要であると指摘した。
こうした背景のもと、本調査では、低品位炭のビジネスモデルの検討等に資するべく、1) 原炭価格調査、2) 最終製品価格調査、及び3)インフラコスト調査、の3つの調査を実施した。
具体的には5つの企業グループと調整を図り、各社が原炭を調達する予定の炭鉱を特定し、原炭調達価格を調査した。また、各社が低品位炭から製造を検討する最終製品について、その価格形成メカニズムを調査し、コスト目標を設定した。併せて、輸送インフラコストも最終製品価格のうち大きなウェイトを占めるため、輸出インフラコストも調査した。
本調査を通じ、原炭価格、最終製品価格、インフラコストの3つを客観的に指定することで、5つのFSを同一の条件で公平に比較することができるようになった。
英文要約Title:Survey on Raw Coal Cost and Final Product Price FY2014 Annual Report
Compared to crude oil and natural gas of which resources are unevenly distributed and have high price volatility, low-rank coal can be produced at a lower cost as well as it has plentiful supply potential. In this context, many technologies to upgrade low-rank coal have been developed. However, they have not been commercialized because price competitiveness and solid business models could not be established in the past R&D projects.
In the surveys conducted in FY2012 and FY2013, we studied past R&D projects, and concluded that the cost target of final products tended to be set higher than market price, procurement cost of low-rank coal were assumed lower than actual price, since technology developers set these cost targets by themselves. Therefore, it has been suggested that the cost target has to be set objectively and business model has to be by a third party for better and precise management of research and development conducted by NEDO.
In this context, this study researched three items; 1) row coal procurement cost, 2) cost of final products, and 3) infrastructure cost.
Coal mines that 5 proponents are considering to procure coal from were identified, and detailed study about coal production cost at these mines was conducted. Cost target of final products, which are considered to be produced from low-rank coal by 5 proponents, were also studied and set. Finally, the cost of export infrastructure is also surveyed as such infrastructure cost account for significant part of final products’ cost.
This study objectively set row coal price, final products’ price and infrastructure cost, allowing NEDO to assess 5 feasibility studies accurately and fairly.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る