成果報告書詳細
管理番号20150000000577
タイトル平成26年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 中国のCCS-EOR地点におけるCO2挙動モニタリングプロジェクト案件形成調査
公開日2015/10/24
報告書年度2014 - 2014
委託先名公益財団法人地球環境産業技術研究機構 日揮株式会社 三菱商事株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約本年度の事業として、まず日中CCS-EORワークショップを開催し、その後その知見を活かして石炭火力CCS-EORの経済性分析、、油田の特性調査、EOR効率化調査を行った。また、それと並行してCCS-EORのビジネスモデル立案とその企業化調査を実施した。
 具体的な実施事項は、以下のとおりである。
(1) 日中CCS-EORワークショップの開催
中国におけるCCS-EORの状況・課題の把握、モニタリング技術、マイクロバブルマイクロバブル技術とその適用効果の紹介、それらの技術を核とするCCS-EORのビジネス展開検討などを目的に日中CCS-EORワークショップを開催する。
(2) 石炭火力CCS経済性向上・CO2削減効果の分析
中国油田でのCCS-EORの実施を想定し、周辺の石炭火力のCO2分離回収から、輸送、貯留、石油増進回収までのCCS-EORのモデルを組み、EORの効率化をパラメータとして、CCS-EORの経済性を分析する。また、CCS-EORの適用潜在量、CO2削減期待量の分析を行う。
(3) 中国の油田特性調査
中国の主要油田の特性について網羅的に調査する。その中から本事業のFS対象とする油田を選定し、その特性を詳細調査する。
(4) EOR効率化分析:モニタリング、マイクロバブル技術の適用効果
上記対象油田に、モニタリング技術とマイクロバブル技術を適用する手法を検討し、その適用効果を分析する。
(5) CCS-EORビジネスモデル立案
モニタリング技術やマイクロバブル技術を適用し、EOR効率化を図る事業のビジネスモデルを立案する。また、CCS-EORによるCO2の貯留認証と排出権取引の手法も立案する。
(6) 将来のビジネスモデルの検討(日揮株式会社)
EOR効率化事業、排出権取引事業の企業化を検討し、事業計画を作成する。また、機密情報、知的財産の適切な取り扱いについても提案する。
英文要約As the first step of the project, Japan-China CCS-EOR workshop is held in China. Based on the information and knowledge acquired through the workshop, economic analysis for CCS-EOR system utilizing CO2 from coal fired power plant, survey for oil field characteristic in China, and examination of EOR efficiency improvement brought by CO2 monitoring and micro bubble technologies are carried out.
Moreover, business model and plan for spreading CCS-EOR are studied in the project.
The report describes the following items:
(1) Japan-China CCS-EOR Workshop
Japan-China CCS-EOR workshop is held in China for the introduction of CCS-EOR progress state in China, CO2 monitoring technologies and micro bubble technotogies for CO2 injection. Business model for spreading CCS-EOR is also discussed in the workshop.
(2) Economic Analysis of CCS system and Estimation ofammount of CO2 emmisions reduction
Economic Analysis for CCS-EOR system utilizing CO2 from coal fired power plants is conducted for the sensitivity analysis of EOR efficiency. Toal amount of CO2 emmisions reduction brought by the spread of CCS-EOR in China is also estimated.
(3) Survey for oil field characteristic in China
Characteristc for main oil fiels in China is surveyed. Detailed study of one oil field selected from them is carried out.
(4) Feasibility study of EOR efficiency improvement
Feasibility study of EOR efficiency improvement brought by CO2 monitoring and micro bubble technologies is conducted. Application method of those technologies to actual oil fields is also studied.
(5) Business Model Study
Business Model for utilization of CO2 monitoring and micro bubble technologies is planned. CO2 storage verification and monetarizing method for CCS-EOR system is also discussed.
(6) Business Plan Study
Actula business plan ulilizing the business models described in chapter (5) is set up. Appropriate handling method of secret information and intellectual property rights is also studied.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る