成果報告書詳細
管理番号20130000001059
タイトル平成24年度成果報告書 セルロース系エタノール革新的生産システム開発事業 バイオエタノール燃料の持続可能性に関する検討 バイオエタノール燃料の持続可能性に関する検討  
公開日2015/11/20
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P09014
部署名新エネルギー部
和文要約件名:バイオエタノール燃料の持続可能性に関する検討(2012年度)

本事業では、先進バイオ燃料製造技術に係る技術動向を踏まえ、2009 ‐2010 年度「セルロース系エタノール革新的生産システム開発事業/バイオ燃料の持続可能性に関する研究」にて評価した車両用バイオエタノールのライフサイクルGHG 排出量の算定結果の見直しを行った。技術開発の動向、日本への導入可能性、各種統計値の更新必要性等を踏まえて、見直す対象となるエタノール原料を選定した。また、算定過程で使用するインプットデータをデータベースとして整理し、算定過程を分かりやすく示した。
加えて、食料競合及び生物多様性に関する調査を行った。EUやGBEP等の先行事例を分析し、国際的な議論を参照しつつ、バイオエタノール事業の持続可能性評価の際の留意点を整理した。
英文要約Title: Research on sustainability of bioethanol (FY2012)

In the previous research of “Development of Innovative and Comprehensive Production System for Cellulosic Bioethanol, Research on Quantitative Analysis of Greenhouse Gas Emission Reduction, Research on Sustainability of Biofuels” conducted in FY2009 and 2010, we conducted evaluation of lifecycle greenhouse gas (GHG) emissions from biofuel for vehicles. In this research, we reviewed technological development and updated the estimation for bioethanol. We took into consideration of technological development, possibility of import to Japan, necessity for updating statistics and identified raw materials of bioethanol to be reviewed. We developed data base of input data to visualize the process of calculation.
In addition, we conducted research on food security and biodiversity. We analyzed preceding cases such as EU and Global Bioenergy Partnership (GBEP). Referring to such international discussion, we identified key factors in evaluating sustainability of bioethanol projects.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る