成果報告書詳細
管理番号20150000000624
タイトル平成26年度‐平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 インドネシア、ブルネイにおけるLED照明導入に係る調査
公開日2015/11/20
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社遠藤照明
プロジェクト番号P93050
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約件名:平成26年度‐平成27年度成果報告書 「インドネシア、ブルネイにおけるLED照明導入に係る調査」委託業務成果報告書和文要約書

温室効果ガスの削減、電力省エネルギー化推進意識の高まるASEANにおける日本LED照明技術を用いた照明電力削減提案の有効性確認、日本LED照明省エネルギー環境の導入・普及を狙いとして、インドネシア、ブルネイにおいて現地調査確認を実施した。
照明器具設備のみならず、設備回路環境についても適宜ヒアリング調査を行い、有効性の高い照明環境の諸条件とその条件確認の為の調査要素について明らかにした。更に、省エネルギー化に関連する各国、地域の行政姿勢を確認し、現地と歩調を合わせた省エネルギー化提案の実証可能性、波及性を検討した。調査結果を以下の通り報告する。

1:現地の照明設備現状について
 経済成長著しいインドネシア、資源大国であるブルネイでの現地電気設備状況の調査を実施した。両国に共通するが、LEDの市場浸潤はランプ型LEDの販売により一部進んではいるものの、建築設備としての大々的LED照明投資はこれからの状況にある。
屋内照明の主たる光源は蛍光灯であり、大型施設や街路灯の光源として放電灯が活用されている。白熱灯は一部のディスプレイ照明でしか見かけないほど姿を消している。熱帯性の気候の為、スコールに伴う落雷が多く、インドネシアでは特にそれが電気設備に影響を与えていることを特記しておきたい。通常、電気回路側で安全回路設計が徹底されるが、避雷針設備の品質、施工精度の悪さにも影響され、前述の落雷影響が直接、回路に接続された照明設備に影響を与えてしまう現状をヒアリングにより確認している。

2:日本LED照明のアドバンテージ確認調査
 現在LEDは世界中で生産されており、特に中国広州、東莞近郊でのLED生産は速度と量を増してきている。その中にあってもなお、日本LEDのアドバンテージはその品質の高さにあるが、特に日本技術アドバンテージは、高い光束制御ノウハウに基づく抜きんでた照明器具効率にあると言える。その器具能力を十分に活用し、省エネルギー効果の高い設備改善を提案するには、対象となる空間の建築的特性にも着眼すべきことが、調査を通じて明らかになった。特に床面積に対して天井高さのある大空間では、従来主体的に使用された放電灯光源に比較し、光制御に優れた日本LEDは格段に高い照明効率を発揮する。この点に着眼し、公共施設空間やモスク等宗教施設空間の改修に着眼した改修実証検証調査を実施した。

3:現地の省エネルギー政策
 日本からの政府支援として当該活動を実施するのみではなく、相手国、相手地域の政策姿勢との呼応があって初めて、当該波及活動は成功すると考えられる。従い、省エネルギー化に関する政府方針、政策、具体施策についても調査を実施した。場合により政府方針を受けた各行政の具体方針とその進捗についても確認を行った。

4:FS実証調査における現地調査事項の明快化
 日本LED技術のアドバンテージ、その能力発揮空間、及び現地での政策方針に関する調査を総合し、FS実証調査段階での調査確認項目の明快化と、各項目の調査実務実際(調査手法)について明らかにした。

5:日本からの省エネルギー化提案必要素について
 現地調査を進める中で、各地域の設備責任主幹から異口同音に日本からの省エネルギー提案に設備仕様提案とメンテナンス計画を含むことを要請された。これは当該活動の成功要素とし、当該事業活動における提案活動に含むべき事項として報告する。
英文要約Title: Entrusted business result report of 2014 about “Field Survey on LED introduction in Indonesia and Brunei, 2014”.

We carried out a field survey in Indonesia and Brunei as the aim of validation of lighting energy saving proposal with Japan LED lighting technology, the introduction and dissemination of Japan LED lighting energy saving environment in ASEAN countries where growing of promotion awareness on Greenhouse gas reduction and energy saving.
According to the circumstances, we also performed an interview about facility circuit environment. Then we revealed the investigation elements for the terms and conditions of high lighting environment, additionally, administrative policy of countries and regions which related to energy saving and studied the demonstration possibility of energy saving proposals including local condition. We report the survey results as follows.

1: About the condition of local lighting facilities
Market infiltration of LED is proceeding in part by the sale of lamp type LED in both countries. Fluorescent lamps are the main lamp sources of indoor lighting and discharged lamps are mainly used as the light source for large-scale facilities and street lights. Incandescent lamps are being disappeared as a light source. Because of tropical climate, there are so many lightings that effect to electrical facilities. We checked the current condition by hearing that above described effects.

2: Confirmation survey about the advantages of Japan LED lighting
Currently, LED is produced worldwide and LED production has increased the speed and amount especially in Guangzhou and Dongguan suburbs of China. But Japan LED advantage is high quality, especially, in efficiency of lighting fixture based on high light flux control know-how. We revealed that we should pay attention to architectural characteristics of the space in order to propose the improvement of present facility. Japan LED produces higher illumination efficiency than discharged lamps, especially in large and high ceiling spaces. Taking into the consideration these points, we checked the demonstration availability of public facility space and mosques such as religious facility spaces.

3. Local policy on energy-saving
We think that spillover activities get successful with the cooperation of partner countries and regions. So, we also investigated the government policy and their priority policies about saving of energy.

4. Clarifying the local research agenda in FS demonstrative survey
Generalizing the survey about the advantage of Japan LED and its ability on demonstrative space and local policy, we made clear about the points of FS demonstrative investigation stage and actual research practice (Research methodology).

5. Important factors of energy-saving proposal by Japan
Facility principal of each region required that specification of proposal and maintenance plan must be included in Energy-saving proposal of Japan. This is the success factors of the activity.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る