成果報告書詳細
管理番号20150000000720
タイトル平成26年度成果報告書 電気エネルギーの充放電に伴う車両とインフラ間のインターフェースの国際標準化に関する検討
公開日2015/11/20
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本事業では、電動車両に係る標準化について、我が国の自動車業界と電力業界など、異なる業界間での連携を進めることを目的として、電気エネルギーの充放電に伴う車両とインフラ間のインターフェースに関する標準とその試験方法・認証の現状を調査するとともに、新たに標準化すべき領域の有無を検討し、今後の国際標準化戦略の立案に資することを目的としている。
そこで、本事業では、まず、「電気エネルギーの充放電に伴う車両とインフラ間のインターフェースに関する標準と試験・認証の現状整理」にて、欧米および日本国内に関する、当該分野の標準の策定状況と試験・認証に関する現状を整理した。
なお、本調査での検討対象は充電インフラ、車両、需要家といったアクターの間のインターフェースとしている。また車両は、充電あるいは放電が可能な車両としている。
次に、「電動車両と電力系統との間のインターフェースに関する標準の検討」にて、仕様書で指定された、非接触給電(ワイヤレス給電)、OEM Central Serve(電力サーバー)、電動車両からの給電といった分野について重点的な調査を実施した。
これらを踏まえて、本事業で設置する「次世代自動車の国際標準化に関する検討会」において有識者の討議を踏まえ、今後の進め方として、自動車業界による検討を踏まえた検討の協調領域を議論し、今後、電力業界等を交えた新たな検討の場の設置に向けた進め方を整理した。
なお、これら活動は、自動車業界と、電力業界等の他業界が有機的に連携させ、標準化のあり方等を議論できる場を設けることを目指したものである。
英文要約With the purpose of promoting collaboration between different industries (e.g. automobile and electric power industries in Japan) concerning the standardization of electric vehicles, this project was designed to conduct research on the current standard, testing and certification state for the interface between vehicle and infrastructure associated with charge/discharge of electric energy, and examine if there is a field that needs to be standardized, thereby contributing to the planning of future international standardization strategy.
Therefore, we first organized the standardization status of relevant fields and current testing and certification conditions in Europe, the U.S, and Japan in the “Current State of Standardization, Testing and Certification of the Interface between Vehicle and Infrastructure Associated with Charge/Discharge of Electric Energy.”
The research was targeted to the interfaces between charging infrastructure, vehicle and consumers and other actors, and the vehicles with charge and discharge capabilities.
We next focused on the fields of wireless charging, OEM Central Server and discharge from electric vehicle in the “Study on Standards for Interface between Electric Vehicle and Electric Grid.”
Accordingly, we discussed about possible fields of collaboration in light of the consideration by automobile industry with experts in the “Study Meeting on the International Standardization of Next-Generation Vehicle,” and organized the procedures toward an establishment of new place for discussion involving electricity industry, etc. These activities are aimed at creating a forum where automobile, electricity and other industries can be organically coordinated and discussions about the modality of standardization, etc. can be held.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る