成果報告書詳細
管理番号20150000000729
タイトル平成26年度‐平成27年度成果報告書 光電子集積技術に関する開発動向及び技術ロードマップ2015の策定に関する検討
公開日2015/11/20
報告書年度2014 - 2015
委託先名一般財団法人光産業技術振興協会 株式会社富士キメラ総研
プロジェクト番号P13004
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約件名 : 平成26年度‐平成27年度成果報告書 光電子集積技術に関する開発動向及び技術ロードマップ2015の策定に関する検討

光電子集積技術の分野において、我が国が今後も継続して優位性を確保するために必要な戦略を明らかにすることを目的に、国内外の技術開発動向、関連各社の状況及び市場動向等の調査結果および有識者の知見等を取り入れ、2030年に向けた技術ロードマップを策定した。
2030年までの市場ニーズ、光電子集積技術の製品展開、必要とされる要素技術と研究開発項目を分析し、光電子集積技術の適用が想定・検討されるスパコン・サーバ、光トランシーバ等の注目市場に対してまとめることで、成長戦略に沿った新たな産業・市場の創出を含めた社会と技術の中長期的な展開を俯瞰できるような技術ロードマップとしている。
技術ロードマップ策定にあたっては、委員会と原案策定会議からなる2階層の会議を設置した。委員会は産学の有識者によって構成され、将来の社会及び技術動向を踏まえてロードマップ策定方針を決定した。一方、高密度光配線、光リンク、スイッチ・ルータ、センサ、ファブ等の各分野の専門家から構成される原案策定会議においては、各専門家が作成した担当分野の技術ロードマップについて討議を行い、上記委員会方針に沿ってロードマップ原案を策定した。原案策定会議で策定されたロードマップ原案は委員会での討議を踏まえて修正を行うことで、技術ロードマップとして確定した。
また、ロードマップ原案の検討と並行して、文献調査及びヒアリングにより、国内外の企業、研究開発機関の技術開発状況、開発戦略、技術開発のアライアンス状況、及び、光電子集積技術関連機器の最新の市場動向等に関する調査を実施した。これらの調査結果は、委員会及び原案策定会議での議論に反映させることにより、本調査事業の最終目的である技術ロードマップに盛り込んでいる。
英文要約Title :Research and Development Trend and the Technology Roadmap 2015 of Optoelectronic Integration Technologies (FY2014-FY2015) Final Report

In order to clarify the strategy necessary for our country to secure maintaining a current advantageous position in an optoelectronic integration technology field in future, a technology road map toward FY2030 was studied based on the survey of technology development trends, related companies’ situations and market trends in and outside of Japan with incorporating opinions and information from experts.
The road map, which gives an overview of a mid to long term perspective of a society and the technology including creation of new industries and markets in accordance with the government’s growth strategy, was investigated by exploring the prospects of market needs, products development, essential element technologies and R&D issues of the optoelectronic integration technology until FY2030 and summarizing them to expected and potential markets of the technology such as super computers, servers and optical transceivers etc.
A two-tiered organization consisting of a committee and a road-map working group was established for the study. The committee which consisted of experts from industry, academia and media determined the basic policy of the road map by taking account of the trends of the technology and the society in the future. The road-map working group consisting of technical experts of a high density optical interconnect, an optical link, a switch and a router, sensor and fabrication fields made a draft of the road map in accordance with the committee’s policy by discussing the road maps drafted by the technical experts for their technical fields. The road map drafted by the road-map working group was revised and finalized through the discussion in the committee.
In parallel with the study of the road map, it implemented the surveys on the latest status of the technology development, R&D strategy and R&D alliance information of each company and R&D organization in and outside of Japan and the latest market trend of the optoelectronic integration technology, based on technical papers and interviews with researchers. The results obtained through the surveys were reflected in the discussion of the road-map working group and the committee and finally incorporated into the road map.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る