成果報告書詳細
管理番号20150000000742
タイトル平成26年度‐平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 褐炭改質技術、石炭灰利用技術、バイオマス利用技術の統合によるインドネシアの石炭低品位化対応ソリューション事業の案件形成調査
公開日2015/11/25
報告書年度2014 - 2015
委託先名北陸電力株式会社 宇部興産株式会社 丸紅株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約平成25年度‐平成26年度「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業」において、インドネシア南カリマンタン州のHASNUR社が保有する「低品位炭鉱+パームオイルプランテーション」を対象に、3技術を統合したシステム(褐炭改質+石炭灰土壌改良剤製造+EFBガス化発電)を適用した場合の事業性について調査した。その継続調査として、今回の調査では、事業実現に向けて課題解決への取組み、さらなる調査の深堀りを行ったものである。
統合プラントについては、以下の取組みにより合計で7億円のCAPEX削減を達成した。(1)褐炭改質プラントの乾燥‐成型工程の最適化、(2)石炭灰土壌改良剤プラントの製造規模縮減、(3)EFBガス化発電プラントの大型化(ガス化炉基数減)と排熱ボイラの仕様変更、(4)プラント敷地縮減による地盤改良費削減。
改質炭の製造・販売の際に適用されるインドネシアの法規制、許認可、優遇制度をさらに深掘り調査した。その中で、特に原炭価格を規定する法令が更改され、本事業の事業採算性に大きく影響することを確認した。
インドネシア国内における改質炭の市場性をさらに深掘り調査したところ、改質炭の熱量に相当する中品位炭は、電力用で年間30百万tを超える需要があり、さらに今後は年率10%の伸び率での需要増が見込まれていることがわかり、改質炭の市場性が高いことが確認できた。インドネシアの中品位炭資源は限られるため、この需要増を補うために低品位炭の活用は不可欠であると認識された。
改質炭の競合事業について調査したところ、現時点でまだ商用化された事業はないが、インドネシアでの事業化を目指した日本、中国、韓国、豪州のデベロッパーが取組みを進めていることが判った。
石炭灰土壌改良剤については、各種試験を行い、高い施用効果と安全性を確認した。また石炭灰土壌改良剤をインドネシア国内で流通販売するために必要となる製品認定手続の詳細を調査した。
統合プラント事業の事業化に向けた調査を進めた。HASNUR社との協議や金融機関およびインドネシア投資調整庁からのヒヤリング結果を踏まえて一つの事業モデルを描いた。融資に関して、JBIC等の低金利融資を受けるためにはいくつかの要件があり、その中では特に、技術の実証性が指摘された。想定した事業モデルをもとに経済性を試算したところ、インドネシア政府が規定する原炭価格フォーミュラに基づき試算すると、CAPEXを低減したにもかかわらず、IRR(内部収益率)は前年度調査時よりも低下した。一方、原炭価格をCash Costで試算すると、充分な事業採算性が得られることが確認できた。
原炭価格フォーミュラの改定により事業採算性の数値は悪化したものの、本システムのインドネシアでの適用性は高く、また製品の市場性も充分にあるため、引続き、事業モデルの見直しも含めて事業化に向けた取組みを継続する。
英文要約Title: International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy / Project Formation Research on High-Efficiency Clean Coal Technology / The Investigation to Develop the Solution Business Coping with Low Rank Coal Produced in Indonesia by Optimal Integration of Technologies of Lignite Upgrading and Utilization of Fly-ash and Biomass.

We have investigated business profitability (IRR) of the integrated system of three core technologies (Lignite Upgrading/Production of Soil Conditioner from Fly-Ash/EFB Gasification Power Plant) for “Low Rank Coal” and “Palm Plantation” owned by Hasnur in South Kalimantan by the previous FS during JFY2013-2014. We have further investigated countermeasures to overcome issues for materialization of commercial operation and undertaken detailed FS as continuous investigation.

We have achieved reduction of CAPEX of an integrated plant by 700 million yen by combination of (a)optimization of the drying-briquetting process of lignite upgrading, (b)scale down of the soil conditioner plant, (c)reduction of unit and change of specification of the EFB gasification plant, (d)reduction of soil foundation cost by reduction of a plant area in this FS.

We have surveyed the relevant regulations, permits and incentives related with production and sales of lignite upgrading in Indonesia and confirmed that Indonesian government revised the raw coal price formula, which will significantly impact on project profitability.

We have further conducted a market survey on demand for the lignite upgrading in Indonesia and found that demand for mid rank coal equivalent to upgraded lignite accounts for more than 30 million tons and is expected to increase by 10% per year. We have realized that utilization of low rank coal is critical for Indonesia due to limitation of availability of mid rank coal.

We have surveyed other competitive technologies of the lignite upgrading and found that while there is no commercial operation, many developers are seeking commercialization in Indonesia.

We have conducted various tests for the soil conditioner and verified high growth stimulation effect and safety. We have also surveyed product certification procedure for the soil conditioner in Indonesia necessary for domestic sales.

We have assumed a business model for these integrated plants, based on hearing from Hasnur, BKPM, and lenders and found that in order to fulfill requirement for a JBIC finance, we have to undertake a demonstration plant test to prove marketability of the upgraded lignite. The result of IRR calculation based on the price formula by this FS is lower than the previous FS due to revision of the price formula, however IRR based on cash cost could be an acceptable level.

Despite the above result, we will continue to seek commercialization of this integrated project, keeping in view that potential demand for this integrated system and market potentiality for the products in Indonesia is high.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る