成果報告書詳細
管理番号20150000000754
タイトル平成26年度‐平成27年度成果報告書 クリーン・コール・テクノロジー推進事業 日本の石炭火力発電技術の競争力強化の検討
公開日2015/11/25
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P92003
部署名環境部
和文要約平成26年度‐平成27年度成果報告書 クリーン・コール・テクノロジー推進事業 日本の石炭火力発電技術の競争力強化の検討

我が国の石炭火力発電技術は、高い発電効率を誇り、技術的には高い競争力を有している。また、我が国のオペレーション品質も高く、高い稼働率や発電効率が長期間に亘り維持されている。このような背景から、我が国の石炭火力発電技術は国際的にも一定の競争力を持つものの、新設発電所の国際入札において、諸外国勢に価格で競り負ける事例も少なくない。

そこで本調査では、まずグローバル市場での我が国のメーカーのシェアを定量化し、どのような国で強く、どのような国で負けているのかを把握した。その結果、日本勢が勝っている市場では、厳格なPQが適用されていることが分かった。ただし、現状のPQは発電効率のみを評価しており、我が国が強みを持つO&M品質は評価対象に入っていないことも分かった。

上記の調査の結果、これまで必ずしも提供されてこなかったO&Mをサービスとして提供することで、我が国の特徴である高いO&M品質を「商品化」することで、顧客にも裨益があり、かつ我が国のメーカーの国際競争力強化にも資すると提案した。O&Mサービスを展開することで、メーカーのビジネスモデルを「売り切り型」から「リカリング型」に転換でき、高収益化も期待される。
英文要約Title:Study on Competitiveness of Japanese Coal-Fired Power Generation Technologies FY2015, FY2016 Annual Report

Highlighted by high generation efficiency, Japanese coal fired power plants are known to be highly technologically advanced. Japanese operation quality is also excellent, keeping availability and efficiency high for a long time. Due to above mentioned reasons, Japanese power plants maintains competitiveness mainly in developed countries, however, its cost sometimes affect their competitiveness in the international market.

In this context, this study analyzed market share by company and by country. It was found that stringent PQs are applied in markets where Japanese manufactures won contracts. However, current PQs mainly specify generation efficiencies, but do not regulate O&M quality of power stations.

As a result, this study proposed that by providing O&M service, it will be possible to provide Japanese operation quality as service to end clients, which is mutually benefitial between clients and Japanese manufacturers. By O&M service, manufacturers can switch their business model from "One-time sales model" to "Recurring revenue model", which can be potentially more lucrative.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る