成果報告書詳細
管理番号20120000000495
タイトル*平成23年度中間年報 バイオマスエネルギー技術研究開発 戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業 (実用化技術開発) 地域共同有機マス (コ・フェルメンテーション)を用いたエネルギー最適回収方法及びエネルギー最適利用方法の確立
公開日2015/12/4
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社エネコープ
プロジェクト番号P10010
部署名新エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1.湿式メタン発酵装置によるグリセリン混合のメタン発酵技術の研究開発
本研究開発では、粗製グリセリンを少量ずつ投入してメタン発酵を行うため、実用的かつ適正な割合で混合するシステムを構築し,従来よりも発生バイオガスの増量が可能なメタン発酵技術の開発を行う。
英文要約Title: Development of Valuable Energy Recovery Technology, and Suitable Utilization System from Feedstok
The contents of research and development and result:
This project is aimed for establishment of the energy most suitable collection method using the local fermentable organic matter and the energy most suitable usage.
The problem (1) of 2011 identifies a fermentation technology to increase quantity of outbreak of the biogas 20% by an experiment by mixing BDF residual substance (glycerin) with food garbage.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る