成果報告書詳細
管理番号20140000000246
タイトル平成24年度-平成25年度成果報告書 太陽エネルギー技術研究開発 太陽光発電システム次世代高性能技術の開発 次世代長寿命太陽電池モジュールの研究開発(2)
公開日2015/12/2
報告書年度2012 - 2013
委託先名ポリプラスチックス株式会社
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約日清紡ホールディングスとポリプラスチックスは共同で耐PID(Potential Induced Degradation)太陽電池モジュールの開発をした。そのモジュール構造の中にCOC(Cyclic Olefin Copolymer)の邪材がとう蔽層として有り、ポリプラスチックスはCOC材料とCOCシート/フィルムを開発した。更に、そのモジュールに取付け可能な新規なジャンクションボックスの基本設計も行った。COC材料開発では、シート用材料を作製したが、マイクロクラック問題の為に、フィルム用材料の開発に変更した。Tgが約85℃のCOCをベース材料に決定し、耐光処方郤合してフィルム用COC材料処方を開発した。更に、フィルム成形にしゅう合させるために、クリーン環境下のコンパウンド技術をしゅう用してフィルム用COC材料を完成した。COCシート/フィルム加工技術の開発では、最初にCOCシートを試作したが、モジュールのマイクロクラック問題が発生のため、COCフィルムの開発に変更した。幅1m、厚さ75μのCOCフィルムを完成した。このフィルムを用いたモジュールは日清紡ホールディングスのPID試験評価で2500時間の優れたPID耐久性を遉成した。
ジャンクションボックスの基本設計では、両面ガラスモジュールにも設置可能でシステム電圧1000Vにしゅう用出来る側面設置型ジャンクションボックスの設計を行った。更に、モジュールの架橋プレス製造時に同時に取付けも可能にする為に、耐熱性と電気特性等の観点からGF充填PBTを材料に決定した。反り・変形や機械強度のシミュレーションにより形状を決定した。金型作製後に、邪品を成形して、ジャンクションボックスを組み立てた。目的とするジャンクションボックスが得られていることを確認して、ジャンクションボックスの基本設計を終了した。
英文要約Title: Research and Development of Solar Energy Technology. Development of Next-generation High-performance Technology for Photovoltaic Power Generation System Research and Development for Next Generation Long-life PV Modules, Capable of Withstanding Extreme Environmental Stresses (FY2012-FY2013) FY2013 Final Report

Nisshinbo Holdings and our company are jointly developing the next-generation long-life PV module without PID (Potential Induced Degradation) phenomenon and salt damage. The PV module is composed of olefin rubber sealant and Cyclic Olefin Copolymer (COC) sheet/film. Our company have developed the COC material, COC sheet / film molding technology and junction box for the long-life PV module without PID. In the COC material development, the material for COC sheet was prepared at the first step. However, the micro crack problem occurred in the PV-module with COC sheet. The COC material for sheet was changed to that for film. Tg and formulation of light stabilizers were optimized and compounding facility with clean envelopment was applied to the preparation of COC material for film. The COC material with Tg of ca. 85 degree C and good quality was established. In the development of COC sheet/film molding technology, the COC sheet was prepared at the first step. However, the micro crack was generated in the COC sheet of PV module. The development of COC sheet was changed to that of COC film, because the micro crack problem is very difficult. The COC film with thickness of 75-m and width of 1000mm was prepared by the optimization of molding condition. The PV module with the COC film had PID resistance of 2500hr in Nisshinbo Holdings evaluation. We have following concepts for the design of new junction box. A) To apply to PV module of both sides glass type. B) System voltage is 1000V. C) Simultaneously assemble in crosslink press process of PV production. Glass-fiber reinforced PBT is selected as a junction box material. The new junction box was designed to achieve the above concepts. After the making of mold, the parts of junction box ware prepared and then the junction box was assembled. The junction box was confirmed to be gratified our target.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る